ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~(三上延)

シリーズ7作目の最終巻。

とうとう最終巻です。シェイクスピアの古書と、栞子さんの祖父と母親との確執などなど、最終巻に相応しい濃密さでした。

シェイクスピアで、きちんと読んだのは「ロミオとジュリエット」くらいかなぁ・・・。あ、「リア王」も読んだかな。一時期、母所蔵の世界名作みたいなシリーズにハマった時があって、その頃に読んだような気が・・・しないでもない。めっちゃ、曖昧ですが。それでも、タイトルから、なんとなーく内容が分かるっていうのが、古典名作の凄いところですね。

栞子さんと母親の智恵子。智恵子と父親、そして、部下の吉原。関係が入り乱れて、ドロドロで。「そこまでする!?」と思ったりもしつつ、「しちゃうかもなぁ・・・」とチョッピリ思ったりもしたのでした。一番ドキドキしたのは、大輔と栞子さんとの二人の絡みじゃなくて、セリの場面でした(笑)相手の裏の裏を読んで進んでいくセリの様子に、これ以上、値が吊り上がったらどうなるのー!?とハラハラしました。最後は、大輔、頑張ったねぇと思わず母親目線で語りかけてしまったり(笑)

そして、最後の最後に、まさかの展開にビックリ。大輔は、これからも智恵子に翻弄され続けていくんでしょうか・・・。今まで以上に大変そうだけど、まぁ、栞子さんへの愛故に頑張ってくれるでしょう!うんうん。

それにしても、1巻と比べると、随分と雰囲気が変わってしまいましたねぇ。まさか、家族問題でここまでドロドロな展開になるとは思わなかったよ…。本にまつわるアレコレ、古本の価値など、興味深くて面白い!と思う部分もあるけれど、そういうドロドロ部分にはうわぁ;;;と思ったりもしたのでした。最初の頃のテンションが懐かしいというか、あれが続いて欲しかったなぁとも思わないでもないんですけど。まぁ、これはこれでなかなか面白かったんですけどね。

本や古本に関するアレコレを読めるのが楽しいシリーズでした。


(2017.05 読了)







"ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~(三上延)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント