無貌の神(恒川光太郎)

短編集。

ゾクゾクぞわぞわわわぁぁっとするような、そんな恒川ワールドを堪能した1冊でした。特にタイトル作は、初期の和製ホラーのような物悲しく、それでいて肌が粟立つような、そんな感覚を味わえて、怖かったけど楽しかった。

タイトル作以外で印象に残ったのは「死神と旅する女」かな。死神とタイムトラベルしながら、次々と人を殺していく少女。やがて死神から解放され、家族を持った少女が死神と再会して・・・のラスにトは、うわっと思った。

最後の「カイムルとラートリー」は、怖いというより、人間の愚かさを感じつつ、ちょっと嬉しくなるようなラストで、読後感は一番良かったかな。




・無貌の神
・青天狗の乱
・死神と旅する女
・十二月の悪魔
・廃墟団地の風人
・カイムルとラートリー


(2017.03 読了)

 



無貌の神
KADOKAWA
2017-01-28
恒川 光太郎

Amazonアソシエイト by 無貌の神 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"無貌の神(恒川光太郎)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント