ハケンアニメ!(辻村深月)

面白かった!

辻村作品にしては、傷口をえぐられたり、女性たちのうへぇぇ;;;な部分はあまりなかったけど、でも、それを物足りないとは感じることなく、とっても楽しめました。

タイトル通りアニメに関わる人々を描いた物語。プロデューサー、監督、アニメーターの女性3人を主人公とした連作集のような構成。立場は違っていても、3人ともアニメを愛し、自分の仕事に一所懸命に取り組んでいるところは同じ。だからこそ、誰かとぶつかったりもするし、壁にもぶつかる。それでも、前へ前へと進んでいく姿に、先が気になって夢中で読みました。お仕事女子としては同じ立場にいる私ですが、彼女たちの姿を見て反省というかなんというか・・・ね。もう少しプロ意識みたいなものを持たないといけないなぁと、そんなことも思ったのでした。

最初「ハケン」って”派遣”のことかと思ったんだけど、”覇権”のことでした。そんな言葉があるってことを初めて知りました。最近は、ほとんど見なくなったアニメですが、学生時代はかなりハマってまして。毎月、アニメ雑誌を購入してたし、コミケに行ったりもしてたんですけどねー。いつの間にか、そんなこともしなくなって・・・。特にコレといった理由は無かったんですけど、この小説を読みながら「放映時間帯か!」と思い至りました。今は深夜帯などに放映されてるアニメでしたが、当時は夕方が主。それでは社会人として働いている私は見れない訳です。そうなると、自然と距離が出来てしまって・・・という感じだったんでしょうね。そんなことをアレコレ思っては、ちょっと寂しくなったりもしつつ(笑)でも、なんだか懐かしい雰囲気にどっぷり浸かれたのが嬉しくもあり。と、そんな読書となりました。

それにしても、世間は狭いというかなんというか。王子の実家&家族については「そうきたか!」と、思わず笑っちゃいましたよ。まぁ、それをご都合主義!という人もいるかもしれませんが、私的にはOKでした。だって、笑っちゃったしねぇ。

そうそう!リデルとサバクのラストシーンが気になるのに、ずーーーっと引っ張られて焦れ焦れしました。途中で、もしや辻村さんは描く気がない!?とか思えてヤキモキ。気になって気になって仕方ないのに、ぼかされちゃってさ~。それもあって必死で読みましたよ。これって、辻村さんの作戦勝ち?もうね、まんまと掌の上で転がされちゃったって感じです(笑)本当に描く気がないのかなぁと半分くらい諦めたところで、ようやく描いてもらえてホッとしました。
・・・てか、このリデルとサバクのどっちも見たい!見れないなら、せめて読みたい!辻村さん、小説としてでもいいから作品にしてくれないかなぁ。

そして、チヨダ・コーキ登場にはやっぱりテンションが上がりましたねー。こうやって他作品とのリンクがあるのが辻村作品の嬉しいところ。でも、関連本を再読したくなっちゃうのは困りものなんだけどね。。。


アニメ界の裏側を垣間見れて、その昔のアニメへの情熱がちょっと蘇ってきたりもして、楽しい読書となりました。
良かった!




(2014.09.08 読了)



ハケンアニメ!
マガジンハウス
辻村 深月

Amazonアソシエイト by ハケンアニメ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ハケンアニメ!(辻村深月)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント