妖怪アパートの幽雅な日常⑧(香月日輪)

「就職じゃなく大学へ行こう」と決めた夕士の高校生最後の一年が始まった。・・・から始まるシリーズ8作目。

職場の方に借りた本。「積読本の山」削減強化週間の3冊目です!・・・まだ3冊目かぁ;;;なかなか取り崩せないなぁ。。。

という、感慨ではなく(笑)反省はおいといて。


いよいよ佳境?と思いきや、そうでもないのかなぁとも思える巻でした。どういうラストに向かってるのかイマイチ読めないんだよね。でも、夕士が高校卒業するところで終わりなのかなとは思うんだけど。

夕士と千晶先生との関係がより深まった巻でした。夏休み中、偶然出会ったことから事件に巻き込まれ、魔法を使えることをカミングアウトしなければいけない状況に陥った夕士。使わないと命の危険が・・・という状況で、「もし使ったら、みんなから疎まれるのでは」と葛藤しつつも、最後は使う事に。その恐怖と葛藤は分かるなぁと思いつつ、まぁ、千晶ならさらりと流すな、とも楽観しながら読んだ読者でありました(笑)

今までもそうだったんだけど、今回は特に思ったのが、この作品って「善悪がハッキリキッパリしてるなぁ」ってこと。ある意味、しすぎてる感があって、そういう部分はちょっと苦手;;;児童書ならいいんだろうけど、中高生以上向けの作品にしてはどうよ、と思わないでもない。まぁ、これはこれでいいと思うんだけど、「悪」は「悪」だけじゃなくて、「やや悪」とか「ほのかに悪」ってのもあるんだなぁ、とか、確かに「善」なんだけど、人によってそれは「やや善」とかになっちゃう場合もあるんだよなぁとか思ったりもする、ちょっとスレタ大人な私なのであった;;;


相変わらずなのはるり子さんのお料理!今回もあれこれ想像しては食欲を刺激されまくったのでした。誰か作りに来てほしいよ(笑)

ラストまで残り2巻。夕士にはどんなことが待ち受けていて、どんな風にそれを乗り越えていくのか。楽しみに待ちたい。個人的にはクリちゃんの出番がもう少し増えればいいなぁ、とか思ってみたり(笑)



(2013.01.11読了)





Amazonアソシエイト by 妖怪アパートの幽雅な日常8 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"妖怪アパートの幽雅な日常⑧(香月日輪)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント