ホテル・ピーベリー(近藤史恵)

ミステリーだと思って読み始めたら、「あれ?なんか違うなぁ、自分探しの旅みたいなお話かな」となったんだけど、最後は「やっぱりミステリーだったんだ!」と印象が二転三転したお話でした。

とある事情で教師を辞め、友人の勧めでハワイ島の日本人が経営する「ホテル・ピーベリー」にやってきた木崎淳平。滞在できるのは1度きり、それも最長3ヶ月までと決められたホテルで出会った同宿の人々、そして、オーナー夫人の和美。ある日、ホテルのプールで同宿者が溺死し・・・。

傷心の淳平がハワイで少しずつ回復していく・・・という物語なのかぁ、と思いながら読んでたので、同宿者がプールでの溺死したりバイク事故で亡くなったりしたところから、一気にミステリー色が強くなって、ちょっと戸惑ってしまった。帯にはしっかり「ミステリー」って文言が入ってたんだけど、読んでるうちにそこら辺は頭の中からすっぽり抜け落ちてしまってました;;;

ていうか、言い方が悪いんですが、プールでの溺死やバイク事故よりも淳平が教職を追われた理由や、和美との関係の方が気になって・・・。だって、淳平の一方的な気持ちしか書かれてないので、事件のもう一方の当事者である早希の気持ちやその後のこと、オーナー夫人の和美の心境というか本心はどうなの?とかね、すっごい気になるんですけど、そこら辺は書かれてないんですもん。・・・気にするところが違う?でも、本当に気になったんですもん(笑)
あ、和美についてはラスト辺りにちょっと書かれてはいましたね~。

そういう訳で、ミステリーの方は全く気にせず読んでた事もあって、ラストでは「うわーそうだったのか!?」と真相にすっごい驚かされました。これはこれで良かったってことなんでしょうか(笑)

なかなかに重い内容ではありましたが、読んでるときはそこまで重さは感じない。本自体もそんなに厚くないので、割合、手軽に読めるかな~という印象でした。




(2012.01.05読了)




ホテル・ピーベリー
双葉社
近藤 史恵

Amazonアソシエイト by ホテル・ピーベリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ホテル・ピーベリー(近藤史恵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント