シューマンの指(奥泉光)

2011年「本屋大賞」ノミネート作。
この作品でノミネート作を全て読了。大賞発表前に全て読了できてなんだか嬉しい。嬉しいんだけど・・・ね。今年は特に、好みってやっぱ人それぞれなんだなーと、すっごく実感させられました(笑)

さて、この作品。ミステリってことなんですが、私はこの作品をミステリと呼ぶことを躊躇しちゃいますねぇ。たしかに、最後は「あ!?」という仕掛けはありましたが、驚くというより、ちょっと脱力しちゃうような感じでして。というかねー。最後で「あ、そうか!これはミステリだったんだよねぇ・・・」と思い出したような、そんな作品だったんだよね。

ミステリというよりも、音楽論。というか、シューマン論。ページのほとんどは、これに尽きます。シューマンへのオマージュ的作品ではないでしょうか。最初はね、シューマンに関する薀蓄にふんふん、ふむふむ、と興味深く読んでたんだけど。それが延々と続くと、正直、そんな薀蓄はもう読みたくないよーっと叫びたくなってきて。シューマンに関する記述が、本当にくどすぎました。

30年前に指を切断した筈の天才ピアニスト永嶺修人が、外国でシューマンを弾いていた。どういうこと!?という作品なんだけど、修人が指を切断するまでが長い!本当に長い。長すぎるくらい長い!・・・とシツコイくらいに言いたくなります(笑)そこに到るまで、前述した通り延々とシューマン論を読まなければいけないんですよねー;;;それが面白ければ良かったんでしょうけど、のめり込むほどのものではなかったし・・・ね。途中、殺人事件も起きるんだけど、それもなんだかサラリと流されたような感じでもありましたし。まぁ、これに関しては最後のオチで「そういうことかー」と納得はしないでもなかったんですけど。そのオチもねぇ・・・。延々とシューマン論を読まされた後のオチがこれって;;;と思わずにはいられないものでした。真相を知ってもテンションが上がらないミステリって・・・。

シューマン論にミステリ風味をちょっと加えて「小説」という体系にしました、という印象。そこまでツマラナイってことはなかったけど・・・うーーーーん;;;というのが正直な感想かな。



(2011.02.27読了)





Amazonアソシエイト by シューマンの指 (100周年書き下ろし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"シューマンの指(奥泉光)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント