告白(湊かなえ)

第29回小説推理新人賞受賞作。

ということで、この作品がデビュー作なんだよね。デビュー作とは到底、思えない。ホント凄いです!すっごく面白かった。ついつい惹き込まれて一気読みしちゃいました。この作品がデビュー作という驚きはもちろんですが、内容もなかなか衝撃的。

中学校の終業式。子供を亡くした女性教師が生徒に語りかける。その話言葉だけで綴られる文章。最初は普通のHRのようだったのが、だんだんと不穏な空気を漂わせていく。事故死だと思われた子供は、実は殺害されたのであって、そのクラスの生徒が犯人だというのだ。そして、衝撃の告白。もうね、この章だけで「うへー;;;」って感じでした。

連作短編集風とでもいうのか、担任教師、クラスの委員長、少年の母、少年、少年の家族と、事件に関わった人々の独白調の章が続く。独白なので、他者の入り込む隙間がない。だから、独り善がりで、だんだんと精神のバランスを崩していく様子が綴られていくんですよね。読みながら、どんどん彼らの世界に囚われていく自分がいました。

どの章もそれぞれ、最後が特に「うわ;;;」という展開なんですが、その中でも最後の章は思いもよらない展開で驚かされました。もうね、そうくるかーっ!と叫びたい気分。なんというかですね、最初から最後まで見事なくらい驚かされた作品でした。かなり暗い内容ではあるけれど、こういうのクセになりそうです・・・。



告白
双葉社
湊 かなえ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"告白(湊かなえ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント