Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆2019年1月の読書

<<   作成日時 : 2019/02/19 11:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ようやく1月。あともうちょっと。


1.幸せを呼ぶ物語、つづります。 水沢文具店(安澄加菜)★★★
2.冬青寺奇譚帖(中村ふみ)★★★★
3.さよならの夜食カフェ マカン・マランおしまい(古内一絵)★★★★★
4.愛なき世界(三浦しをん)★★★★
5.ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや(坂井希久子)★★★
6.フーガはユーガ(伊坂幸太郎)★★★★★
7.六道先生の原稿は順調に遅れています(峰守ひろかず)★★★


2019年1月の読書は7冊。5つ★は2冊


7冊かぁ・・・。出だしから、ちょっぴり不穏(笑)
2月からエンジン掛けて頑張る!と言いたいところだけど、既に2月半ばな現在、そんな嘘は吐けない^_^;
ま、まあね。ぼちぼちね。ぼちぼちと昔の勘を取り戻しつつ、読書と記事UPに向けて励みたいです。



お正月。今年の運を占うべく神社にて御御籤を引きました。

画像












「健康」疲労蓄積は体調を崩す 休むのも務め

うん、昨年、まさにそれだったよ。イヤって程、その「休むこと」の大切さを実感しましたよ・・・。蓄積するよね。うん。今年はちゃんと考えて、ちゃーんと休むよ。

で!見た瞬間に不謹慎ながら笑ってしまったのが金運。

「金運」使って心が満たされる

って!それって、「お告げ」なのーっ!?てか、知ってるよ!色んな推しにお金使って心は満たされまくりだよ。でも、疲労蓄積して体調を崩しちゃったよ・・・。と、突っ込みを入れてしまいました。神様、すみません。。。
ということで、神様のお告げもあったので、今年も推しにお金を使いまくって心を満たしまくります。・・・ま、お財布様のお怒りを買わない程度に、ほどほどに、ね(笑)


神様のお告げがあったから、という訳ではないですが、1月は週末の度にあちこち行きました。
まずは「ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団」のニューイヤー・コンサート。最後は「ラデツキー行進曲」で、楽しいコンサートでした。

そして、映画は歌舞伎シネマ「沓手烏孤城落月/楊貴妃」鑑賞。坂東玉三郎さんに圧倒された。まだ機会がなくて、玉三郎さんを生で見たことがないんですよね。一度でいいから、玉三郎さんを生で見てみたいなぁ。見れるといいなぁ・・・。と、改めて思いました。

そして、1月最後は12月に続いて熊本へ。
地元でのコンサートがないからと、ゴスペラーズLiveに行ってきました。それも、日帰りできるのにお泊りで^_^;
馬肉メンチカツや地ビール、焼酎などなどを堪能しつつ、12月に行けなかった復興途中の熊本城へ。至る所で石垣などが崩れたままで再興にはまだまだ時間がかかりそうだなぁと思いました。


画像











画像



























(2019.02.19)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆2019年1月の読書 Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる