Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆2018年の読書まとめ

<<   作成日時 : 2019/02/19 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

はぁ、ようやく、ここまで辿り着いた・・・。
2018年は、本当に、何もかもが中途半端で、やるべきことが出来なかった一年でした。今年こそは!と新年に思ったものの、今年もなんだか・・・。

い、いかん。
凹まず、がんばる。

そんなこんなで、2018年に読了したのは2018年合計96冊。月平均8冊。
もう笑うしかなーい。こんなに読まなかったのは人生で初かもしれない。

そして、感想記事もUPしてなかったりで、BEST10の順位も決められない。
ということで、順位は決めずに2018年の10冊!ということで、あげてみます。


インフルエンス(近藤史恵)
ありがとうのかんづめ 子育て短歌ダイアリー(俵万智)
・テーラー伊三郎(川瀬七緒)
・クローゼット(千早茜)
・ランチ酒(原田ひ香)
ののはな通信(三浦しをん)
・キネマトグラフィカ(古内一絵)
・ディス・イズ・ザ・デイ(津村記久子)
・ありえないほどうるさいオルゴール店(瀧羽麻子)
・滅びの国(恒川光太郎)


著者が被ったので10冊には入れなかったのは、古内一絵さんの「マカン・マラン」シリーズ。
読み始めたら、シリーズが終わってしまったという、まさかな事態^_^;もう少し、長く楽しみたかったなぁ。すごく残念です。


2018年は、読みたい!と思いつつ読めなかった小説が沢山ありました。2019年は、そういう本を1冊でも減らせますように。そして、感想記事をひとつでも多くUP出来るよう、でも、自分のペースは守って、がんばりたい、なぁ・・・。



(2019.02.19)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆2018年の読書まとめ Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる