Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆2018年1月の読書

<<   作成日時 : 2018/08/29 11:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1.ヴェネツィア便り(北村薫)★★★
2.クリスマスを探偵と(伊坂幸太郎)★★★★
3.おれのおばさん(佐川光晴)★★★★
4.閉経記(伊東比呂美)★★★
5.インフルエンス(近藤史恵)★★★★★
6.太陽と乙女(森見登美彦)★★★
7.Life in the Desert 砂漠に棲む(美奈子アルケトビ)★★★
8.百貨の魔法(村山早紀)★★★★
9.居酒屋ぼったくり8(秋川滝美)★★★
10.みさと町立図書館分館(森美由紀)★★★
11.騙し絵の牙(塩田武士)★★★
12.ばけもの好む中将六 美しき獣たち(瀬川貴次)★★★★
13.あずかりやさん(大山淳子)★★★★


2018年1月の読書は13冊。5つ★は1冊。




気付けば2018年が半年以上、過ぎ去っていました。

その間、ずーっと気になっていたんだけど、なんだかどうしても気持ちが向かない日が続いてしまって・・・。気になりつつも、記事をあげることはもちろん、コメントのお返事すら出来ませんでした。読書はボチボチしてましたが、一週間が過ぎても1冊を読み終わらなかったりという日々。自分でもビックリするくらい本を読まない期間でした。

職場のこと、家族のこと、自分のこと。気持ちを向けなきゃいけない、それも「気の重いこと」が重なって、その反動もあって、観劇やLIVEなど「ぱぁ〜〜っと」気持ちを飛ばせることに向ってしまった。自分の体力は考慮せずに(笑)楽しかったんだけどね。楽しかったけど、自分の歳(体力)はちゃんと考慮するべきでしたね^_^;

と、そんな風に思えたのは最近のことで、すでに心身共にエネルギー切れ状態。とりあえず、体力の回復を目指して、日付が変わる前にちゃんと布団で寝よう!・・・なんて風に思った途端、不思議なものでこのブログに気持ちが向いました。

え〜なんだか長々と言い訳を綴ってしまいました^_^;

ここを覗いてくださっている方がいらっしゃるかどうかも分かりませんし、すでに見限られてるかもしれませんが。少しずつ復帰していきたいと思います。
まずは、仕上げてたのに何故かUPしてなかった記事をあげて、この言い訳記事を作りました。そして、せっかく頂いたのに放置状態だったコメントにお返事をして、「月のまとめ」記事からぼちぼちUPしていきたいと思います。


心からの謝罪とあれこれの反省とちょっとの希望込めて。


すずな(2018.08.29)














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆2018年1月の読書 Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる