コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)

2017年本屋大賞ノミネート作品。
いくつかの条件をクリアすれば過去に戻れるという喫茶店。面倒くさいルールがあってなお、過去に戻って会いたい人がいるという客がやってきて・・・。

職場の同僚(男性)から「泣けます!」というセリフと共に渡されたので、そのつもりで読み始めたんですが・・・うーーーん。私にはちょっと合わなかったかなぁ。内容云々よりも、まずは文章自体に馴染めなくって。そのせいなのか、登場人物たちへの感情移入も難しくって、物語世界に浸かれなかったという感じでした。

過去に戻るルールも本当に面倒くさい(笑)そして、特に最後の章では、何故そんな日に北海道にいるんだ!?という大きな疑問が・・・。せめて、その「よんどころない事情」を説明して欲しかったなぁと思わずにはいられませんでした。

面倒くさいルールを含めて設定自体は面白いと思うので、合わなかったのが残念。。。


(2017.02 読了)





コーヒーが冷めないうちに
サンマーク出版
川口俊和

Amazonアソシエイト by コーヒーが冷めないうちに の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック