居酒屋ぼったくり6(秋川滝美)

シリーズ6作目。

相変わらず、夜中に読むとキケンな本です。いや、夜中じゃなくてもキケンです。食事の後であっても、お腹がグーグー鳴ってしまいます。そして、お酒です!もう、本当にね。お酒が飲みたくなるよね。私はお酒は好きですが(笑)、晩酌はしません。飲むのは週末くらいなんだけど、この本を読んでると、平日でも、うっかりお酒に手が伸びそうになってしまって困ります。だってさ~、おつまみがさ~、冷蔵庫にある食材で、私でも作れそうなもののオンパレードなんですもーん。これはイカンよね。次から、読む日にも気を付けようと、心に誓ったのでした。
・・・えぇ、そうですよ。誘惑に負けたヒトの遠吠えですよ;;;

最初の頃は、下町の人情話がメインでしたが、この巻はさすがに恋愛要素てんこ盛りでした。もちろん、振り込め詐欺やら、本屋さんの厳しい現状やらと、そういうお話もありましたが、メインは美音と要の恋愛。それも、ヤキモキしちゃうような、ニマニマしちゃうような、そんな恋愛で・・・。悶えながら読みました(笑)公園掃除を優先しちゃう美音に、らしいなぁと思いつつ、いや、そこはさすがに恋人優先でしょ!と突っ込みを入れてしまいました。
でも、要の立場って・・・。料理人と身分違いの恋って、なんだか、髙田郁さんの時代物のお話を彷彿させられたんですが。まぁ、こっちは現代だし、そこは何とか上手くいくんじゃないのかなぁと思うんですけど。どうなんでしょうね。


鮭缶で作る鮭団子が美味しそうで、今度、鮭缶を買ってこなくちゃ!と思ったり、家で屋台とか楽しそうだなぁとか羨ましく思ったり、コンビニに行ったらお酒コーナーも覗いてみなくちゃ!と思ったり、楽しい読書になりました。
次巻はどんな美味しそうなおつまみやお酒が登場するかな。美音と要の行く末と共に気になるところです。次巻が楽しみ!



(2017.02.24 読了)




居酒屋ぼったくり〈6〉
アルファポリス
秋川 滝美

Amazonアソシエイト by 居酒屋ぼったくり〈6〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2017年02月26日 21:35
こんばんは!同じ時期に読んでいたんですね~嬉しいです^^
美音と要の恋愛模様はようやくかとニマニマしながら読んでしまいました。にしても美音はどこまでも美音ですねー。ホント掃除を取った時はおいー!って突っ込みましたよ^^;

確かにこの作品は現代ですから恋愛は何とかなるような気もするんですが、どうなんですかねぇ…。
続きが気になります^^
すずな
2017年02月27日 12:31
>苗坊さん
同時期でしたね~。苗坊さんの記事を見つけて私も嬉しくなりました♪
二人の恋愛模様にはニマニマしちゃいますよね(笑)そして、公園掃除には突っ込みをいれずにはいられませんよねぇ。ホントにもうねぇ・・・。
二人の恋愛が今後どうなるのか気になりますね。続編が待ち遠しいですね!

この記事へのトラックバック

  • 居酒屋ぼったくり6 秋川滝美

    Excerpt: 居酒屋ぼったくり〈6〉著者:秋川 滝美アルファポリス(2016-09)販売元:Amazon.co.jp 東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2017-02-26 21:34