ずうのめ人形(澤村伊智)

オカルト雑誌で働く藤間が同僚から託された都市伝説にまつわる原稿。一週間前に不審死を遂げたライターが残したもので、そこに書かれた「ずうのめ人形」という都市伝説に触れたとき怪異が始まるのだというが・・・。


ホラー系はあまり読まないんだけど、ネットの波を彷徨っていてちょくちょく目について、おまけにタイトルになんだか惹かれるものを感じて読んでみました。

・・・こ、怖かった;;;
夜、部屋で読んでいると、その本から視線が外せなくなってしまうくらい怖かった。だって、フト目をやった部屋の隅に黒い着物を着た日本人形が見えたら!と思ったら、もうさ、必死になって文字を追う以外にないよね。久々にトイレに行けなくなるかと思ったよ!いや、さすがにオトナな私は、ちゃんと行けたけどね(笑)

ホラー要素に恐怖を感じつつ、そこに登場する子供が、両親に感じる恐れや慄きも、また別の意味で怖かった。DVな父と、その父から逃げ出した母と子供たち。怖いのは父親だけかと思ったら、母親もまた精神的に危うくて。両親ともにこうだと、子供は逃げ道がないからなぁ。子供目線で語られていた部分は、「もしや・・・」という重いがあったんだけど、やっぱり予想通りだったようで。なんだかなぁと堪らない気持ちになった。そして、やがて成長した子供は、また同じように・・・。
って、何か救いはないのか!と思えてならなかった。

ひえぇ!ぎゃぁぁぁぁーっ!と、心の中で叫びながらなんとか読了したら、赤いスピンが目に入って、ひえっ!と、今度は本当に声が出てしまいました。そりゃ、この内容なら当然「赤いスピン」だよな・・・と納得しつつ、ちょっと触りたくなかったのはここだけの話;;;

読了してから知ったんですが、前作の「ぼぎわんが、来る」という作品と関連があったようですね。興味はあるけど、しばらくはいいかな。ちょっとインターバルを置かないと読めそうにない(笑)

(2017.02 読了)




ずうのめ人形
KADOKAWA/角川書店
2016-07-28
澤村伊智

Amazonアソシエイト by ずうのめ人形 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2019年07月30日 22:43
すずなさん、こんばんは(^^)。
まさに、夜中に一人で読んじゃダメな作品(笑)。
ずうのめ人形が見えるんじゃないかと、私もビクビクしてましたよ~。
原稿読むことで呪いが発動するとか、ホント勘弁して欲しい(笑)。
作り話が本当のホラーになったという経緯が、いちばん怖いですよねぇ。
人間の悪意が、増幅して独り歩きして…。
『ぼぎわんが、来る』も、是非読んで下さいませ(笑)。
こっちも怖い(笑)。やっぱり人間がいちばん怖いです。ふふふ・・・。

とうとう、ウェブリブログもTB無くなっちゃいましたねぇ。
よかったら、今後もすずなさんの素晴らしいレビューのURLを、私のブログの本文の方にのせたいのですが、ご許可頂けますか?
このレビューだけじゃなく、今後私が読む作品のレビューも含め。
よろしくお願いします。(こちらのコメントへのコメントでお返事いただけたら嬉しいです)
ちなみに、こちらの私のコメントのURLを、こっそり該当レビューのURLにしています。

この記事へのトラックバック