玉依姫(阿部智里)

八咫烏シリーズ5作目。

とはいえ、主人公は女子高校生で舞台も山内ではなく現代。前作を読んだときの「次巻お知らせ」みたいな告知で、雪哉とかは出てこないんだろうなぁと予想してたものの、まさかの”現代””女子高校生”にビックリでした。でも、これはね、このシリーズにとっては必要なお話だったなぁと思いました。あの世界って、そういうことだったのか!と予想外の展開に、驚きと喜びがない交ぜになり夢中で読みましたよ~。

女子高校生の志帆が、一緒に暮らす祖母に内緒で向かったのは、かつて祖母が母を連れて逃げたという山奥の村。そこで志帆は、村祭りの儀式に巻き込まれ・・・。


山内とは、八咫烏とは、大猿とは、という、今までシリーズで語られてきた世界の全容が明らかになるんですが、いや~もうね、予想を超える展開に、ただただ驚くばかり。おまけに、過去の話かと思っていたら、なんと、前作から1年後くらいの話だったんですよねぇ。読んでる間中、は?はぁ!?えぇーーーっ!と、心の中だけでなく、時には本当に声が出ちゃったりもしたのでした。中でも一番驚いたのは、八咫烏と大猿の関係かな。天敵かと思ってたら、実際はそこまでではない、みたいな感じになってて・・・はぁ。ホントにびっくり。

雪哉は登場しなかったけれど、現金烏である奈月彦は登場。まぁ、あくまでも脇役だけどね。でも、ちょっとテンション上がったかな。活躍というよりも、ちょっとダメダメキャラだったのは残念だったけど(笑)それでも、謎を解くために必死になる姿には声援を送りました。


*****

ちょっとネタバレ

*****



















それにしても、志帆の最後の選択は意外だったなぁ。あれは、母としての愛情なの?それとも・・・?なんか納得できないというか腑に落ちないというか。志帆にあの選択をさせる為に、彼女の性格がずっと描かれていたのは分かるんだけど、それでも、なんだかスッキリしなくて。もっと何年も一緒に暮らしてきたのなら分かるけど、そこまでの月日は流れていないと思うんだよねぇ。過去の玉依姫のように、自分で産んだ訳でもないのに、”あの状況(無理やり連れてこられた)”で、10代の女の子がそこまでの愛情を持てるものなのかな・・・。





*****








と、ちょっと微妙な心境になりつつ、面白かったのは面白かったので!次巻が、めちゃくちゃ楽しみです。

ただ、山内の成り立ちとか分かったら、これは、どんな結末を迎えるのだろう・・・と一抹の不安も湧いてきます。山神もあんな風になっちゃったし。どっちにしろ、ドキドキワクワク首を長くして待ってますよー!



(2016.08 読了)





玉依姫
文藝春秋
阿部 智里

Amazonアソシエイト by 玉依姫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

piku.chibiの母
2016年09月23日 11:08
すずなさん
まだ私は読んでないのですが(図書館の順番待ち)このシリーズが好きで、楽しみです。(^_^)
早く読みたい(*^_^*)
すずな
2016年09月23日 12:44
>piku.chibiの母さん
お~そうなんですね(*^_^*)
早く読めるといいですね~!
香桑
2016年10月01日 11:15
最初の2冊までしか読んでいなかったのだけども、すずなちゃんのこの記事を読んだら、続きも読みたくなったよー。
すずな
2016年10月01日 14:05
>香桑ちゃん
お~それは嬉しいお言葉♪どうもありがとう!
是非、お手にとってみてくださーい\(^o^)/

piku.chibiの母
2016年10月13日 10:22
すずなさん
やっと読む事が出来ました。(*^_^*)
でも、すずなさんの仰るとおりちょっと最後は何だかなー (?_?)でした。でもあの結末で納得もしております。
次回作が本当に楽しみです。(*^_^*)
苗坊
2016年10月16日 16:03
こんにちは^^
私も読みました。
シリーズなんですけど今回はちょっと雰囲気が違うので戸惑いながらの読書でした^^;
私も志帆の最後には納得は出来なかったですねぇ…
それでいいの?と思っちゃいました。
高校生がここまでの決断をすることが出来るかなぁと。
次回作が第一部の締めだそうで。
楽しみです^^
すずな
2016年10月19日 12:37
>piku.chibiの母さん
お返事が遅れてすみませんm(__)m

あら、やはり最後はちょっと微妙でしたか。私は、納得・・・してるようなしてないような感じで、スッキリできないものが残ってます^_^;
とはいえ、次回作が楽しみなのは同じです!
すずな
2016年10月19日 12:40
>苗坊さん
お返事が遅くなりましたm(__)m

そうそう!なんだか外伝を読んでるような気分になりましたね~。
志帆の最後は微妙でしたよねぇ。自分で産んだならまだしも・・・と、すっきりしない気持ちが残ってます^_^;
次作は第一部の締めなんですよね。どういう結末になるのか楽しみですね!
2016年11月27日 18:06
すずなさん、こんばんは(^^)。
意外な方向からの物語で、驚きました。
私も、ちょっと違和感を覚えましたね。
「サヨ」とか「玉依姫」と志帆の関係というか、どこまで混ざってるんだろうか…的な。ちょっと説明不足だったんじゃないかなと思います(←偉そう)。

次回作がすごく楽しみです!
もちろん、第1部終了ということは、2部以降もあるということで、どんな世界が広がるか、どんな物語が紡がれるのか、ホントに楽しみです!
すずな
2016年11月29日 14:29
>水無月・Rさん
まさかの方向からの物語でしたよねぇ!
水無月・Rさんも違和感を感じられたんですね。志帆に関しては、ちょっとスッキリしなかったですよね・・・。

次作が楽しみですよね♪私も「第1部終了」ってことは・・・と嬉しくなりました!

この記事へのトラックバック

  • 玉依姫 阿部智里

    Excerpt: 玉依姫著者:阿部 智里文藝春秋(2016-07-21)販売元:Amazon.co.jp 生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。かつて、祖母が母を連れて飛び出したという山内村を訪ねた高校生の志.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2016-10-16 16:01
  • 『玉依姫』/阿倍智里 〇

    Excerpt: 阿部智里さんの〈八咫烏シリーズ〉の、第5作目ですね~。 物語の舞台は、今まで語られて〈八咫烏の世界〉=山内から一転して、なんと現代(正確にはちょっと前)の日本。・・・正直びっくりですよ! タイトル.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2016-11-27 17:51