空棺の烏(阿部智里)

八咫烏シリーズ4作目。

山内衆として若宮を支えることを決めた雪哉が山内衆を養成するための「勁草院」に入る。15~17歳の少年たちが集められた全寮制の日々。雪哉は無事に卒業することが出来るのか・・・。


いやぁ、この4作目も面白かった!

少年たちが集まった全寮制の学校ということで、なんだか学園物っぽい感じで、今までとちょっと趣が違ってた。でも、そこも楽しくって良かったなぁ。雪哉がデキル子で、ある意味、策略家であることも分かってはいたけど、ここまで腹黒いとは!あ、誤解なきようにお断りしますが、褒めてますよ、もちろん。なんかね、「おまえはーっ!」と頭を拳固でぐりぐりしたくなっちゃいました(笑)

そして、学園物ですからね。なんだかんだありながら、素晴らしい仲間たちと出会い、絆を深められたのも良かったですね~。これから若宮を守るためにも信用できる仲間は大事だし、雪哉にはやんちゃ坊主たちのリーダーでいて欲しいという、おばちゃん目線での願望でもあります(笑)

とかなんとか、言いたい放題言っていたら、最後にまさかの展開が待ち受けていてビックリ!金烏について、またまた謎がひとつ紐解かれたという感じかな。若宮どうなるーっ!?とヤキモキもしちゃいますが、実はですね、そのどれもこれもが私の好みドンピシャ!って感じの展開で、読んでてわくわくどきどきが止まりませーん。どういう展開になっていくのか楽しみではありますが、次作は最後に明かされた”空棺”の真相についての物語のようですね。雪哉は登場しなさそうで、ちょっぴり残念ですが、どんな物語が待っているのか、今からすごーく楽しみです!



(2015.09.01 読了)





空棺の烏
文藝春秋
阿部 智里

Amazonアソシエイト by 空棺の烏 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2016年01月09日 20:38
いやーどんどんこの物語の世界は深くなっていきますね。
今回はホント学園物みたいで楽しかったです^^
雪哉は本当に、策士ですよね^m^
最後の怒涛の展開には驚きました。
雪哉は仲間も出来て良かったですね^^
これからみんながどう若宮を支え闘っていくのかとても楽しみです。
すずな
2016年01月10日 07:22
>苗坊さん
どんどん広がる八咫烏の世界に目が離せませんねー。
学校が舞台ということで、学園物みたいでしたよね。そういう意味でも楽しませてもらいましたね。
分かってはいたけど、でもやっぱり「ゆきやー!」と頭ぐりぐりしたくなっちゃいました(笑)今後、若宮や雪哉がどうなっていくのかホントに楽しみですね!
2016年01月19日 21:32
すずなさん、こんばんは(^^)。
面白くて、先が気になって気になって、一気読みしちゃいました♪
少年たちの成長と友情、良かったですよねぇ!
章タイトルの4人はもちろん素敵でしたが、私、市柳先輩が気に入りました。なんだかんだ言いつつ雪哉に利用されてくれる、いい先輩でしたよね♪
これから先、気になりますね~。とても楽しみです!
すずな
2016年01月20日 12:44
>水無月・Rさん
面白かったですよねー!
少年たちの青春物語、良かったですよね。市柳先輩!ホント良い味だしてましたよね。私も好きなキャラです。
今後の展開がすごーく気になります!早く読みたいですね~。

この記事へのトラックバック

  • 空棺の烏 阿部智里

    Excerpt: 空棺の烏著者:阿部 智里文藝春秋(2015-07-29)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 八咫烏の一族が支配する世界山内で、宗家を守るのは山内衆と呼ばれる上級武官。勁草院という養成所で.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2016-01-09 20:23
  • 『空棺の烏』/阿部智里 ◎

    Excerpt: 阿部智里さんの〈八咫烏世界シリーズ〉最新作!(←シリーズ名は勝手に命名) やっと図書館予約の順番が回ってきて、2日間で一気読み!面白い!ワクワクする!もうたまりませんなぁ♪ 『空棺の烏』、今回は学.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2016-01-19 20:30