何が困るかって(坂木司)

18編のショートショート集。

ほとんどがブラックな感じで、読んでいてゾクッとするものから、ぞわわわわっとするものまで多彩。だからか、短編集が苦手な私も飽きずに最後まで読めました。それにしても、坂木さんもよくこれだけのお話を作れましたねぇ。凄いなぁと思います。まぁ、さすがに大変だったようで、最後の”あとがき”でぼやかれてたような(笑)

一番印象に残ったのはどれかなぁ。

「怖い話」「都市伝説」は怖かった。最初は普通の会話なんだけど、会話が進んでいくと「え?」という展開になって、じわじわとと恐怖がわいてくる。最後は、ぎょわーっ!と叫びそうになりました。いや、これは怖かった。特に「都市伝説」の方は、読んでいて気分が悪くなるくらい。こういう人っているのかな。でも、そういう事件が実際に起こってたりするので、いるんでしょうね。怖い、怖いよ。

「勝負」「洗面台」は、最後にほっこりと笑顔になれて良かった。バスの降車ボタンを巡る攻防を描いた「勝負」は読んでてすごく楽しかった。普段、バスをほとんど利用しないので、たま~に利用すると降車ボタンをどのタイミング押せばいいのか戸惑うことがあります。大抵は旅先で利用することが多いので、余計に分からなくって。なので、ほとんどは誰かが押してくれるのを待つことが多いかな。・・・って、知らず知らずに攻防戦を繰り広げてるのかしら~(笑)「洗面台」も、最初はどうなることかと思ったけど、だんだんと幸せな雰囲気になっていって。良かったです。読み終わった後、思わず我が家の洗面台に話しかけたくなりました(笑)

あと「入眠」は、最初から不穏な空気でドキドキしたんだけど、最後のオチで「そっちかー!」と苦笑。完全に著者に騙された。悔しい。同じように著者に騙されたけど、笑えなかったのは「鍵のかからない部屋」。お腹の中の”できもの”の正体がわかった時は、スッと心が冷えました。

他には・・・と書いていくとキリがなくなっちゃいそうなので、この辺で。どれも小技が効いてて面白かった。そういえば、最後の”あとがき”にも騙されちゃいましたよー。うわ、ヤラレター!と思わず笑っちゃいました。




・いじわるゲーム
・怖い話
・キグルミ星人
・勝負
・カフェの風景
・入眠
・ぶつり
・ライブ感
・ふうん
・都市伝説
・洗面台
・ちょん
・もうすぐ五時
・鍵のかからない部屋
・何が困るかって
・リーフ
・仏さまの作り方
・神様の作り方
・ぜんぶ困ります



(2015.01.26 読了)




何が困るかって
東京創元社
坂木 司

Amazonアソシエイト by 何が困るかって の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2015年01月28日 22:00
こんばんは^^
この本、私も最近読んだんですよ~。
なかなかブラックな作品が多かったですよね。
私は「洗面台」「勝負」のほっこり系が好きでした^^
「勝負」はすんごくよく分かります。私は争ったことはないですが実家にいたときはバス通学で小学生の男の子たちが呼び出しボタンに手を準備しておいて推すタイミングを狙ってましたもん^m^そういうのを見てさっと1番早く押してやりたくなります←大人気ない
あとがきも良かったですね^^私もやられた!と思いました。
すずな
2015年01月29日 12:37
>苗坊さん
今年は、とにかく読んだら記事UP!を目指してるので、こうやってリアルタイムでお話できて嬉しいです♪
 
ブラックな作品が多かったからなのか、ほっこり系に心惹かれましたね。特に「勝負」は読んでて楽しかったですね。私も苗坊さんと同じ立場になったら、押したくてウズウズしちゃいそうです(笑)てか、本当に押しちゃいそう。←もっと大人気ない^_^;
あとがきにはやられましたよねー。でも、最後まで楽しませてもらいました(笑)
べる
2015年02月05日 00:14
私もバスってほとんど乗らないので、降車ボタンをいつ押すかわからないっていうのはすごくよくわかります。タイミング難しいですよね^^;常連さん同士が静かな攻防を繰り広げているのかと思うとくすりとしてしまいますね。
『短劇』の時は短すぎて収録数も多かったせいか、最後にはちょっと飽きてしまったところがあったのですが、今回は適度な収録数でそれぞれにオチもしっかりついていたので最後まで楽しく読めました。あとがきも坂木さんらしかったですね。
すずな
2015年02月05日 15:11
>べるさん
バスの降車ボタンって、乗り慣れてないとハードル高いですよねぇ^_^;それにしても、気付かないところで攻防戦が繰り広げられてるのかもしれないと思うと、次の機会の時がくるのがちょっと楽しみになります(笑)
べるさんと同じく、短編集が苦手な私でも最後まで飽きずに楽しめました。良かったですよね~。
あとがきにもヤラレちゃいましたね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 何が困るかって 坂木司

    Excerpt: 何が困るかって著者:坂木 司東京創元社(2014-12-12)販売元:Amazon.co.jp 子供じみた嫉妬から仕掛けられた「いじわるゲーム」の行方。夜更けの酒場で披露される「怖い話」の意外な結末.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2015-01-28 21:58
  • 坂木司/「何が困るかって」/東京創元社刊

    Excerpt: 坂木司さんの「何が困るかって」。 子供じみた嫉妬から仕掛けられた「いじわるゲーム」の行方。夜更けの酒場で披露される「怖い話」の意外な 結末。バスの車内で、静かに熾烈に繰り広げられる「勝負」。あ.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2015-02-05 00:10