◆2014年10月の読書

年賀状の発売も始まって、今年も残り2ヶ月となってしまいました;;;早いよ!早すぎだよーっ!と叫んでも、喚いても、2ヶ月は2ヶ月!…なんだよねぇ(^-^;
色々、山積しまくりで、ため息しか出ない今日この頃です。。。

と!気を取り直して、10月の読書です。



1.未必のマクベス(早瀬耕)★★★★★
2.四人組がいた。(高村薫)★★★
3.眠りの牢獄(浦賀和宏)★★
4.糸切り 紅雲町珈琲屋こよみ(吉永南央)★★★★
5.かたづの! (中島京子)★★★★★
6.キャロリング(有川浩)★★★★
7.阿蘭陀西鶴(朝井まかて)★★★★★
8.壁と孔雀(小路幸也)★★★★★



2014年10月の読書は8冊。5つ★は4冊。
2014年合計119冊。月平均12冊。


読んだ冊数は少ないものの、★5つが5冊て!さすがに「読書の秋」でした。まぁ、実のところ、読める数が少なかったので、面白いのだけ読んで他は挫折したっていうのもあるんだけどね(^-^;でも、久しぶりに充実した読書ライフを送れたなぁとそんな感じです。



”読書ライフ”はそんな感じでしたが、それ以外では、なかなかハードな1か月でした。

月初めには姪っ子たちの運動会がありました。上の子は小学6年生で小学校最後の運動会でした。当然ながら、応援に力が入っちゃった(笑)それにしても、もう最終学年とはねぇ・・・。何か行事がある度に、そうやってしみじみと感慨にふけってしまうおばちゃんであります(^-^;

台風もやってきました!久々に直撃コースで、あたふたしたんだけど、幸いにも家の方には大きな被害はなくホッとしました。最近の台風は勢力が強いまま接近してくるので怖いですね。


そして。
家族ではなかったんですが、身近な人を不慮の事故で亡くしました。御嶽山のニュースを見ていて、人ってこうやって突然、いなくなるんだと思ってた矢先ではあったんだけど、それがまさか自分にも起こるとは本当に思いもしなかった、というのが正直な気持ちです。最初に知った時には頭が理解するのを拒否したっていうか、意味が分からなかった。茫然自失ってこういうことをいうんだなぁと、そんな妙なことも思ったりもしたのでした。それから、バタバタと対応に追われたり、なんだり・・・。あっという間だったような、すごくすごく長かったような、そんな1か月を過ごしました。



2014年も残り2ヶ月。
”怒涛の1年”の最終章として、なかなかハードな2ヶ月になりそうですが、少しでも心穏やかに過ごせるといいなぁ…と思っています。まぁ、難しいだろうけどね;;;


(2014.11.03)





この記事へのコメント

みみた [Profile うさぎ小屋に住む30代
2014年11月12日 17:13
こんにちは。 ずいぶんお久しぶりです。
お元気にしていましたか?

私のほうは5年前に母を亡くして、それから結婚して娘が生まれて・・といろんなことがありました。
来年でプロフィールも
[Profile うさぎ小屋に住む40代 となります^^

しばらくお邪魔していなかったので、また過去の記事からゆっくり読ませていただきますね。

読書は・・・最近はなかなかよめてないので怒られそうです><
すずな
2014年11月14日 12:37
>みみたさん
え!某所でお世話になったみみたさんですか!?
お久しぶりです!こちらへもご訪問、ありがとうございます!!

お母様はまだお若かったんじゃないでしょうか。残念でしたね。
みみたさんはご結婚されて、お嬢様までお生まれになったんですね~。それは本当におめでとうございます!

誰に怒られるんですか~(笑)記事のご感想など良かったら教えてくださいね。お待ちしてます♪