校閲ガール(宮木あや子)

出版社の校閲担当者のお話。
・・・って書くと、なんだか硬いイメージが湧くんだけど、タイトルからも分かるように、ちょっと軽めのお仕事女子のお話。ということで、宮木さんのドロドロじゃなく、うはうは笑えるほうのお話です。


ファッション誌の編集者を希望していた悦子だったが、配属されたのは文芸の校閲。文芸なんて読まないと言いつつ、悦子の仕事ぶりはなかなかもの。読みながら、なんだかんだ言いつつ校閲の仕事が合ってるんじゃないかなーと思ってしまいました。でも、悦子の言葉遣いは凄かった!読んでるこっちはウハウハ笑えるけど、実際にこんな人が職場にいたら、きっとムカつくと思うんですよねー。いくら”ゆとり世代”とはいえ、これはないんじゃないかなぁと思いました。実際にこういう人っているのかな。・・・いるかもねぇ。事実は小説よりも奇なりって言うしね。って、意味が違うか(笑)

それにしても、校閲って大変な仕事なんですね。字の間違いとか誤植を探すだけかと思ってたら、文章に齟齬がないかとか、時系列などの辻褄が合っているかなどなど、チェックする項目がそんなに多いとは思わなかったです。いや~、本当に大変そうだなぁと思いました。私が校閲の仕事をしようとしても、きっとその小説に没頭してしまって校閲にならない気がする。「は~面白かった!」なんて読了して、「・・・は!違うっ」と焦る姿が目に浮かぶ(笑)そういう意味でも、悦子は校閲という仕事が合ってるんじゃないかなぁ。

作家の本郷とどうなるかと、ちょっとハラハラしたけれど、最後は上手くまとまって良かった。うはうは笑えて楽しめた1冊でした。



(2014.05.04 読了)





校閲ガール
KADOKAWA/メディアファクトリー
宮木あや子

Amazonアソシエイト by 校閲ガール の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年09月17日 22:15
たくさんすみません、こちらにも。
校閲という仕事は大変そうですが自分なりに誇りを持てる仕事ですよね。素敵だなと思います。
ただ私も読んでしまってダメだと思います^^;
悦子のような興味をあんまり持っていない人の方がきっと向いていますよね。
私もうはうは笑いながら楽しんで読みました^^
すずな
2014年09月18日 13:01
>苗坊さん
いつもコメントやTBを本当にありがとうございます!すごく嬉しく思っています♪

校閲というお仕事は大変そうですが、やりがいもありそうですよねー。ただ、私もですが苗坊さんも。やっぱり読む方に没頭しちゃって仕事にならないような気がしますね(笑)
楽しいお話でしたね!
2014年11月26日 20:36
すずなさん、お久しぶりです(^^)。
私も、校閲の仕事は向いてない派です(笑)。
物語に没頭しちゃうし、語句の間違いなんてしょっちゅうやるし、時系列の確認なんてできない~(^_^;)。
だからこそ、悦子の仕事っぷりを読みながら、楽しめました。他作品とのつながりも楽しかったです♪
すずな
2014年12月03日 12:39
>水無月・Rさん
こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまって;;;今回もお返事が遅れてしまって申し訳ありませんm(__)m

やっぱり!どうしても読むほうに没頭しちゃいますよねぇ(笑)校閲なんて、私たちには無理な職業ですね!←開き直り(笑)
そうならない悦子はホントに凄いな~と思いながら読みました。

この記事へのトラックバック

  • 校閲ガール 宮木あや子

    Excerpt: 校閲ガール著者:宮木あや子KADOKAWA/メディアファクトリー(2014-03-14)販売元:Amazon.co.jp 憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、根性と気合と雑誌への愛で、 激戦の出.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-09-17 22:14
  • 『校閲ガール』/宮木あや子 ◎

    Excerpt: 今回も、宮木あや子さんのノリッノリな展開に、にやにやワクワク、とっても楽しめました~♪ 主人公・河野悦子は『校閲ガール』。 出版社の中でも、花形の編集や営業ではなく、コツコツお仕事する地味なお仕事.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2014-11-26 20:27