◆2014年8月の読書

ようやく8月の読書まとめです。
読書まとめの記事は、ぱぱっと終わる予定だったんだけどなぁ・・・。何で、この記事でモタモタしてるんだか;;;

・・・と、凹みもしつつ、気を取り直していきましょう!


1.あぽわずらい あぽやん3(新野剛志)★★★★
2.かむさりやまのおまじない(三浦しをん)★★★
3.黄金の烏(阿部智里)★★★★
4.すべての神様の十月(小路幸也)★★★★
5.明日の子供たち(有川浩)★★★★★
6.月蝕楽園(朱川湊人)★★★★
7.天の梯 みをつくし料理帖(髙田郁)★★★★★
8.本をめぐる物語 一冊の扉(アンソロジー)★★★
9.僕とあいつの関ヶ原(吉田恵里香)★★★
10.ホリデー・イン(坂木司)★★★★
11.珈琲屋の人々(池永陽)★★★



2014年8月の読書は11冊。5つ★は2冊。
2014年合計 97冊。月平均12冊。


8月は久々の有川さんの長編新刊にテンション上がりました~♪ワクワクしながら読み始めたものの、すぐに涙腺が緩んじゃって・・・そのままの状態で最後まで、でした。そして、みをつくし料理帖シリーズは最終巻。こちらも、最初から最後まで涙腺が緩みまくりでして・・・あははは^_^;ほんっとに涙腺が弱いなぁと思ったのでした。
今月はシリーズ物の続編やスピンオフ関係が多かったかな。どれも安定の面白さで楽しめました。



読書以外では、とあるバンド(伏字にする必要があるのか/笑)のデビュー40周年のお祝いに日本武道館まで行ってきましたです、はい。それも、月末の月曜日という、とんでもない日程でねぇ;;;しょうがないので(え)、火曜日は朝の便の飛行機で帰郷して午後から仕事しましたですよ。ヘロヘロ~だったけど、幸せな余韻の残りでなんとか半日乗り切りましたです。頑張ったなぁ、ワタシ。・・・と、自画自賛してみる(笑)

その40周年お祝いセレモニー&コンサートですが。久々に再会できた友人たちとランチしたり、お茶したり、チラッと会っただけだったり(笑)と色々でしたが、とても楽しい時間を過ごせました。田舎モノの私の為に帰りの電車乗換えまで指南してもらったりもしましたです(笑)すみませぬ^_^;本当にお世話になりました。感謝。

そして、みんなであの空間や想いを共有できて本当に幸せでした。
還暦を迎えたメンバーたちには健康に留意してもらって、次は50周年のお祝いも一緒に出来ればいいな。・・・って、メンバーよりも私のほうが健康に気をつけなきゃいけないような気がするんだけどさ(笑)


ということで、なんだかドタバタが一区切りついた感じで、最後はちょっと気抜け状態になってしまった8月でした。


(2014.09.22)



この記事へのコメント