骨を彩る(彩瀬まる)

連作短編集。

あ~彩瀬さん、好きだなぁ・・・と、改めて思った1冊でした。

登場するのは、何かを胸に抱えたり、失ってしまったものと向きあえないままでいる人たちばかり。そんな彼らの不安定な感じ、それでも何とか前に進んでいこうとする姿がじんわりと沁みてきました。

短編集ですが、それぞれがちょっとずつリンクしている。特に、1作目の10年前に妻を亡くしながら、まだきちんと向き合えてない夫と、最後のお話の主人公はその娘でラストが繋がっているというのが良かったなぁと思いました。

他にも、1作目では全く気にならなかったんですが、2作目を読むと光恵の心の闇のようなものが見えて、ちょっとゾワゾワしたりもして、そういうリンク具合が堪らなかったですねー。



・指のたより
・古生代のバームロール
・バラバラ
・ハライソ
・やわらかい骨


(2014.04 読了)





骨を彩る
幻冬舎
彩瀬 まる

Amazonアソシエイト by 骨を彩る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年08月04日 21:43
こんばんは^^
素敵なお話でしたよね。連作短編だからこの人はどう思っているんだろうということも分かったりしてリンクが良かったです。
彩瀬さんの書かれる文章が大好きなので、これからも読み続けていくと思います^^
すずな
2014年08月05日 12:48
>苗坊さん
連作集ということで、最初の物語ではわからなかったことが次の物語で分かったりもして、良かったですね。分かってしまったことで、ちょっと怖いな~と思ったこともあったんですけどね^_^;
私も彩瀬さん、大好きです。これからも追いかけていきたい作家さんですね。

この記事へのトラックバック

  • 骨を彩る 彩瀬まる

    Excerpt: 骨を彩る著者:彩瀬 まる幻冬舎(2013-11-27)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 見て見ぬふりをして、喪ったと思っていた、あの人、あの記憶、あの言葉が今、降り注ぐ――。 何も喪.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-08-04 21:42
  • 骨を彩る  彩瀬まる

    Excerpt: 骨を彩る 「指のたより」「古生代のパームロール」「ばらばら」 「ハライソ」「やわらかい骨」の 5編からなる短編集。 主人公は変わってくるが それぞれの短編の登場人物は 次の編にリンクされ.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-08-07 19:21