コロボックル絵物語(有川浩)

佐藤さとるさんが書き綴った「コロボックル物語」。その佐藤さんの要望でシリーズを引き継くことになったのが有川浩さん。ということで、この作品は佐藤さんのコロボックルと有川さんのコロボックルを繋ぐ1冊。

はぁ~ようやくこの本を読めました!とにかく、佐藤版のコロボックルを読んでから!と、自分にノルマを課していたので、もうね、佐藤版コロボックルを必死で読みましたよー(笑)なので、読めるのはもうちょっと先になるかなと思ってたんですが、人間、その気になれば出来るもので~(笑)思ってたよりも早く読めて良かった!


と、この作品が読めたのも嬉しかったんですが、まさかまさかの主人公に思わずテンションが上がっちゃいましたよーっ!なんと、「旅猫リポート」のノリコさんじゃないですか!!うっわー、そうきたかーっ!とウッカリ叫んじゃいました(笑)たしかに、旅猫~の中で、ナナが気配を感じたという場面が登場してたんだけど、それがこういう伏線だったとはね~。有川さんってば、ホントいつから伏線張ってたんだ!?と驚くくらい、随分前から準備されてたんですね。スゴイですね。

そして、この作品は「スカイロケット」のTwitterで有川さんがつぶやいてらっしゃいましたが、佐藤版と有川版を繋ぐ大切な1冊であると共に、佐藤版コロボックルを絶版にさせない為の役割を持たせた1冊でもあります。その上、村上さんの素敵なイラストも合わせて楽しめるという、もう本当になんとも贅沢な作品でした。


それにしても、この作品の意義はよーく分かるんですが、ここで終わるのは、すごく、すごぉーく物足りない!読み足りない!つづきー、はーやーくー!ってなもんですよーぅ。この状態で次の長編を待たなきゃいけないなんて、まさに拷問のようです。早く読みたいです。。。
素敵な物語が紡がれるのを首をながーーーくして待っています!

(2014.04.20 読了)






Amazonアソシエイト by コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年08月04日 21:25
こんばんは^^
スバラシイ!佐藤さんの作品をすべて読んでから読まれたんですね。私もそうしようと思ったのですができずにすぐに読んでしまいました^^;
こ、今度リベンジします(するかなぁ?)
今回は本当の序章ですよね。これから有川さんの書かれるシリーズが楽しみです。
2014年08月04日 22:17
すずなさん、こんばんは(^^)。
佐藤作品読んでから、というノルマを課してらしたんですね~。
私はうろ覚えのまま読んじゃいました(^_^;)。
苗坊さんもおっしゃってますが、序章ですよね♪
ナナとコロボックルたちが仲良くしてくれたらいいなぁ、なんて勝手に妄想しちゃってます。楽しみですよね~(#^.^#)。
すずな
2014年08月05日 12:42
>苗坊さん
シリーズ物を順番通りに読まずに後悔したことが何度もあるので^_^;せっかく、素敵なシリーズを大好きな作家さんが書き継いでくださるんだから、そんな後悔はしたくない!と、そんな思いで必死でした~(笑)
これからの序章のような1冊でしたねー。どんな物語が書かれるのか楽しみですね!
すずな
2014年08月05日 12:52
>水無月・Rさん
頑張ってみました(笑)早く読みたいという誘惑に負けそうになりましたが、なんとかノルマを達成できて良かったです!
ナナとコロボックルたちの共演!読みたいですねー!読めるといいですね。とにかく、新刊が待ち遠しいです。
2015年01月08日 19:58
すずなさん、こんばんは(^^)。
大変遅ればせながら、小6次男の感想をGETしたので、私のブログの『コロボックル絵物語』と『絵本旅猫リポート』に追記しました。
ほんの2行ほどですし、感想といっても深みは全然ないのですが、ご報告まで(^_^;)。
すずな
2015年01月13日 12:45
>水無月・Rさん
おぉ!それは楽しみです♪
お知らせありがとうございます!後ほど、ご訪問させていただきますね~(*^_^*)

この記事へのトラックバック

  • コロボックル絵物語 有川浩 村上勉

    Excerpt: コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)著者:有川 浩講談社(2014-04-16)販売元:Amazon.co.jp 北海道に住む少女ノリコが、お母さんのお墓の近くで出.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-08-04 21:24
  • 『コロボックル絵物語』/有川浩・作 村上勉・絵 ◎

    Excerpt: 佐藤さとるさんの『コロボックルシリーズ』は、子供の頃大好きでした。村上勉さんの絵から色々と想像して、コロボックル達の世界のいろいろな出来事にドキドキして、いつかこんな《小さなひと》達に逢えたらいいなぁ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2014-08-04 22:13