コロボックル物語④ ふしぎな目をした男の子(佐藤さとる)

シリーズ4作目。

コロボックルのすばしっこい動きが見えるこどもが現れ、コロボックルの友達になっていくという物語。

前作もでしたが、今作もワクワクドキドキしながら読みました。私の目もコロボックルが見えればいいのにーっ!と、思わず「お前は子供か!」と後ろからどつかれそうなことを思ってしまった(笑)いや、本当にねぇ~。読みながら本気で悔しがってしまいましたよ。てか、見えるタケルが羨ましすぎる~。いいなぁ・・・。

不思議な目を持つタケルと友達になったツムジイがまた可愛らしくってね~。”つむじ曲がり”のツムジイ。その通りの人となりに、思わず笑っちゃったりもしたのでした。

最後は汚染された池の救出大作戦。コロボックルと人間の共同作業のような形になって、こうやってお互いに協力し合っていければいいのになぁと思いました。



(2014.04.19 読了)





Amazonアソシエイト by コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック