疾風ロンド(東野圭吾)

白銀ジャック」の続編。・・・ってことでいいのかな。どうなのかな。スキー場が舞台で、登場人物が被ってるからシリーズ続編ってことでいいんじゃないのかなーと思いますが。どうなんでしょう。

・・・って、いきなり最初から訳の分からないことを書いてすみません;;;って感じですが(笑)


え~と。これはミステリー?それとも、コメディ?
そう聞きたくなるような1冊でした。最初は緊迫した場面からだったので、ワクワクドキドキしたんだけど、生物兵器を使って脅迫するはずの犯人がいきなり死んじゃうってどうなのー!?まぁ、それはまだいいとして、その生物兵器を探すこととなった研究員とその上司とのやりとりが、どうも掛け合い漫才をしてるようで緊張感がないというか・・・。おまけに、その研究員が捜索するスキー場に着いた途端、負傷してしまうって・・・。呆れてしまうというか、何というかねぇ、でした。

「拡散すれば人々を大量死に陥れる威力を持つ生物兵器」を使った脅迫事件なんだから、もっと緊迫してハラハラドキドキ手に汗握る展開を予想していたんだけど、そんな私の期待は見事に打ち砕かれてしまいました。緊張感がなーい。緊迫感が伝わってこなーい!

確かに、ちょっと軽めな感じで読みやすさはあるんだけどさぁ。まぁ、そこそこは楽しめたんだけどさぁ。でーも!私の求めていたものはこれじゃない!って感じでした。

期待が大きかっただけに、ガッカリ感も半端なかったのでした。残念。



(2014.04.19 読了)




疾風ロンド (実業之日本社文庫)
実業之日本社
2013-11-15
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by 疾風ロンド (実業之日本社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年07月21日 09:54
こんにちは。本当に、続編のような気もしますし、コントのようにも思えます^^;
なんでこんなコメディタッチになっちゃったんでしょうね。
すんごい危機が起きてるのにどうしてあんな軽い感じだったんでしょうね^^;
オチはざまあみろってちょっと思っちゃいましたけど←
東野さんらしくない感じでした。面白くなかったわけじゃないんですけど、東野さんの作品って考えるとうーん・・・っていう。私も求めていたのとは違いました^^;
すずな
2014年07月22日 12:33
>苗坊さん
コメディタッチで軽かったですよねぇ^_^;もうちょっと何とかならなかったんでしょうか・・・と思ってしまいますよね。
オチには私もそう思いました(笑)
2014年11月02日 14:50
こんにちは なるほど、仰ることはとってもよく解ります 笑 でも僕は面白かった、あえてB級作品に挑んだ東野先生にあっぱれです 爆笑!!
すずな
2014年11月04日 05:38
>yoriさん
東野作品だから、という思い込みが邪魔しちゃったんでしょうね;;;yoriさんのように楽しめれば良かったのになぁとちょっと後悔です。。。

この記事へのトラックバック

  • 疾風ロンド 東野圭吾

    Excerpt: 疾風ロンド (実業之日本社文庫)著者:東野 圭吾実業之日本社(2013-11-15)販売元:Amazon.co.jp 強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-07-21 09:52
  • 第一級のB級ミステリー

    Excerpt: ロングフライトのお供にはB級ミステリーが良い。 そこで今回の旅の連れ添いに選んだのが 東野圭吾大先生の「疾風ロンド」である。 予想通り、気軽に読める軽快なミステリー。 ... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2014-11-02 14:45