ペトロの葬列(宮部みゆき)

「誰か」「名もなき毒」に続くシリーズ3作目。

さすが宮部さん!って感じで、面白くってのめり込んで読んでしまった。面白かった!・・・んだけど、最後の展開が;;;予想の斜め上をいって気持ちが付いていかない感じです。

と、ラストの衝撃が凄すぎて、その前のバスジャック事件からの本編(?)部分の影が薄くなっちゃったようで、本当にもったいない。バスジャック事件関連部分は、どういうこと?どうなるの?そうくるかー!と、すごぉーく面白くって夢中で読んだんだよね。影が薄いようで薄くない(笑)杉村のキャラも好きだし、どうにもならないジレンマを感じたり、人間の本性が容赦なく描かれていたりと、キレイゴトじゃない部分も好きだったし。

でーも!そういうものも、最後の「はぁ!?」な展開で無残に・・・。

確かに、今後の新たな展開のためには必要なのかもしれないけど、なんかモヤモヤ・・・。いやぁ~な気持ちになってしまいました。そういや、このシリーズってどれも後味は悪かったなぁと思い出した。でも、この作品は特に後味が悪すぎでしたねぇ。読了後はなかなか寝付けなかったくらい。ある意味、かなり強い印象を残した作品でした。

今後、このシリーズは杉村が探偵として活躍するお話になるのかな。その為の、布石だったんだ。しょうがなかったんだ。そう言い聞かせながら、次作を待ちたいと思います。



(2014.03.22 読了)




ペテロの葬列
集英社
宮部 みゆき

Amazonアソシエイト by ペテロの葬列 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年06月20日 20:43
こんばんは。
バスジャックの後にもいろいろあって最後に爆弾が仕掛けられていて^^;もう最後にはバスジャックって何だっけ?見たいな感じになりましたー。
このシリーズはいつも後味が悪いですが今回はピカイチでしたね。
次回作で杉村が多少でも報われていなかったら許しません←
すずな
2014年06月23日 12:48
>苗坊さん
もう、ホントにねぇ。あの最後には驚かされましたね。「バスジャックって何だっけ?」でしたよねぇ^_^;メインよりも印象に残っちゃって、なんだかなぁと思っちゃいますね。
次作では新展開が待ってるようなので、期待したいですね!私も報われてなかったら・・・(-_-;)

この記事へのトラックバック

  • ペテロの葬列 宮部みゆき

    Excerpt: ペテロの葬列著者:宮部 みゆき集英社(2013-12-20)販売元:Amazon.co.jp 『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾! 今多コンツェルン会長室直属のグループ広.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-06-20 20:41