政と源(三浦しをん)

二人合わせて146歳の幼馴染のおじいさんのお話。・・・ということ、ついつい有川浩さんの「三匹のおっさん」を連想しちゃうんですが、当然ながら全く違ったお話でした。二人のおじいさんの性格もぜんぜん違うし、ね(笑)

でも、面白かった!

あぁ、しをんさんだなぁ、と思えるお話で、破天荒だけれど人情味に溢れていて素敵なおじいさん二人。銀行を定年後、妻は家を出て娘の家で暮らしていて、家族とちょっと疎遠になっている政と、妻に先立たれながらもつまみ簪職人として弟子の徹平と賑やかに暮らす源。正反対の二人だけれど、そこがいいんでしょうねー。素敵な関係だなぁと思えました。

そして、二人が巻き起こす(巻き込まれる?)事件の数々。痛快で、そして、ホロリとさせられる物語でした。楽しかった。

政の別居中の妻とのやりとりが、リアルというか、容赦なくって・・・。うわわわ;;;とも思ったりもしたんだけど、最後はちょっとだけでも関係を修復出来たようで良かったです。まぁ、これからも、そんな簡単にはいかないんでしょうけどね。

そして、源が作るつまみ簪を見てみたいなぁと思いました。



(2013.09.22読了)




政と源
集英社
三浦 しをん

Amazonアソシエイト by 政と源 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2014年03月25日 23:35
こんばんは^^
政と源は性格も境遇も正反対で仲も良くは見えないのに、一緒にいるのを読んでいるとほほえましく感じました^^
友達というよりは同志のような…
別居中の奥さんのくだりは切なかったですね。身から出た錆と言えばそれまでですけど…奥さんの気持ちも分かりますが読んでいて辛かったです^^;
すずな
2014年03月26日 12:54
>苗坊さん
正反対の二人が悪態をつきながらも一緒にいる姿には思わず頬が緩んじゃいますね。たしかに、同志というのがぴったり来る感じでした。
奥さんの気持ちも分からないでもないけど、もうちょっと優しく・・・と思わずにはいられなかったです。。。
べる
2014年03月29日 00:30
二人とも個性的でいいコンビでしたよね。今どき舟で行き来している、というのが、かえって非常に斬新に感じました(笑)。
つまみ簪ってどんなものなのかなー、と思ってついついネット検索しちゃいました。とっても華やかで素敵でした。
なかなか70代の老人を主人公にした作品ってないと思いますが、お年寄りが元気に活躍するお話っていいな、と思えました。
すずな
2014年04月02日 12:38
>べるさん
素敵なコンビでしたね。
そうそう!舟で行き来っていうのが良かったです。私も乗ってみたい(笑)
つまみ簪を検索すると本当に色鮮やかで素晴らしい作品が並んでて見入ってしまいますよねー。これを、源が作ってるのか・・・と思うと、ホントに!?とか突っ込みを入れたくなった失礼な私です^_^;
確かに70代を主人公にしたお話って少ないような気がしますね。もっと読んでみたいですね。
2014年07月11日 14:59
すずなさん、こんにちは(^^)。
船で水路を行き来するとか、裏口に船着き場があるとか、ベネチアみたいですね(笑)。
だけど、昨日みたいな台風の時は大変なんだろうなぁ、とか思いました・・・。
二人には、もっと長生きして、色んな日常を過ごしてほしいですね♪
すずな
2014年07月12日 14:24
>水無月・Rさん
私もベネチアみたい!と思いました(笑)船で行き来する生活って何だか風流で良いなぁと思ったんですが、確かに台風のときは大変そうですねぇ^_^;
二人には長生きしてもらって、また二人のお話を読めるといいなぁと思います!

この記事へのトラックバック

  • 政と源 三浦しをん

    Excerpt: 政と源著者:三浦 しをん集英社(2013-08-26)販売元:Amazon.co.jp 簪職人の源二郎と元銀行員の国政は、ふたり合わせて146歳の幼なじみ。弟子の徹平と賑やかな生活をおくる源二郎と.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-03-25 23:33
  • 「鏡の花」/「政と源」

    Excerpt: どうもこんばんは。 めっきり秋めいて来ましたね。みなさま、お風邪など引かれてませんでしょうか。 今回は二冊読了。読書の秋だというのに、捗ってませんねぇ・・・。最近また少し 忙しくなって来た.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2014-03-29 00:20
  • 『政と源』/三浦しをん ◎

    Excerpt: きゃぁぁぁ~ッ!しをんさん、大好き~! と、のっけから叫びたい私は! なんなのもう、この愛と笑いとツッコミ処満載の、素敵な物語は! 読みながら本気で大爆笑なんて、久し振りですよ、三浦しをんさん!.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2014-07-11 14:40
  • 政と源

    Excerpt: 夫婦の在り方ってなんやろうと考えさせられる作品です. Weblog: 市川在住 racked: 2014-07-12 09:31