◆2013年の読書まとめ

新しい年が明けて、すでに20日以上が過ぎてしまいました;;;なかなか思うように時間を有効活用できていないワタクシであります(猛省)

ということで、ようやく2013年のまとめです、はい。。。



2013年に読了したのは165冊。月平均にすると14冊でした。「少ないなぁ…。」と思った昨年よりもさらに減ってしまいました;;;
まぁ、原因の一番は、6月に上司が入院してしまって仕事量がぐ~んと増えたことでしょうね。「仕事量が増える→残業時間が増える→帰宅後の余暇時間が減る」というのは自然の流れ。致し方ないと言えばそうなんだけど、心情的にはちょっとモヤモヤしちゃうものが残ってしまいます。おまけに、読みきらずに図書館本をそのまま返却するっていうのは、精神的にもよろしくないです;;;


で、そんな2013年の165冊から選んだ10冊です↓


1.コンビニたそがれ堂 空の童話(村山早紀)
シリーズ4作目。連作短編集。これね、読んだ時期もすごーく関係してると思われます。ちょうど上司が長期入院して、仕事の方が半端なく大変で、気持ち的にも余裕がないどころか、かなり落ちている時だったんですよね。読書もあまり手につかなくって…。そんな時に手にした作品なんだけど、優しさに満ち溢れてて、暖かくってねー。ボロボロ泣きながら読んだんだけど、そしたら、読了後に心がなんだかすっきりしちゃって!また、明日から頑張ろう!って思えたんだよね。あ~本に癒されるってこういうことなんだなぁと実感した一冊だったのです。ということで、2013年のBEST1はこれしかないでしょう!って感じです。

2.あまいゆびさき(宮木あや子)
百合モノです。それも、思いっきり。装丁もかなり自己主張してるので、手に取るのに躊躇する方もいらっしゃるかもしれません;;;でも、どうか、その躊躇を越えて手に取ってもらいたいなぁと思う1冊です。「人が人に惹かれる」とは、こういうことなんだなぁと思った作品でした。切なくって、ジーンと心に沁みる作品でした。

3.ヒア・カムズ・ザ・サン(有川浩)
ずーっと積読してた本。雑誌掲載から単行本発行までの期間が短すぎて「余裕ができたら読もう」と思ってたら、先に文庫されちゃったという(笑)なので、タイミング的には文庫化と同じくらいだったんだけど、単行本で読みました。(←個人的には重要ポイント!)同じ設定で違った2作品が読めるという、ある意味お得な1冊。
数行の文章から、ここまでの物語を創れる、それも2種類の物語を!っていうところに、作家さんって凄いなぁと感動したのでした。おまけに、どちらも感情がぶわっと押し寄せてきて、心に沁みる作品でした。

4.世界地図の下書き(朝井リョウ)
児童養護施設を舞台にした作品。もうね、暖かくって、切なくって・・・。相変わらず、20代男子に泣かされてしまったおばちゃんでした。頑張ることも大事だけど、それが難しいこともあるし、だったら、逃げちゃってもいいんだよと、優しく語りかけられたような、そんな気持ちになりました。

5.島はぼくらと(辻村深月)
離島の高校生を中心に、彼らの青春、離島での暮らしの楽しさや、逆に生き難さを描いた作品。辻村さんらしからぬ、悪意が薄めの作品だったような(笑)後日談には驚かされたけど、それも含めてすごく楽しませてもらいました。

6.ガソリン生活(伊坂幸太郎)
主人公が車という、面白い設定の作品。伊坂さん、好きだー!と叫びたくなった1冊でした(笑)ミステリあり、笑いあり、ホロリ、もあり。

7.金色機械(恒川光太郎)
ボリュームがあったんだけど、読みだしたらそんなこは気にならず、最後まで一気読みしちゃいました。不思議な金色機械を巡る人々の物語。優しくって、ちょっと切ない物語。

8.64(横山秀夫)
久しぶりの横山作品ということで、むさぼり読んだ記憶が…。警察を舞台にした人間ドラマ。読みごたえがあったし、面白かった。

9.大きな音が聞こえるか(坂木司)
坂木作品では珍しく、ミステリ色はなくこれぞ青春小説!な作品。ボリュームがあったんだけど、それを気にさせないスピード感がありました。主人公の少年の成長する姿が目覚ましく、眩しく、わくわくドキドキしながら読了しました。

10.百年法(上・下)(山田宗樹)
本屋大賞ノミネート作品。初読み作家さんだったんだけど、すんなり馴染めて上下巻を一気読みしちゃいました。面白かったなぁ。百年法に対する各国の対応がリアルすぎて、笑えると同時にちょっと怖かったかな。


◆次点
祈りの幕が下りる時(東野圭吾)
加賀刑事シリーズ最新刊。じんわり沁みてよかった。

蜂蜜秘密(小路幸也)
子供が頑張るお話。こちらも、心に沁みる良い作品でした。



昨年も思ったんだけど、10作品を選ぶのも、それに順位を付けるのも本当に難しいですね。考えてると、だんだん分からなくなってきて、「もう、どれも同じくらいだってっ!」と、半ばキレながらの選択になってしまいました(笑)



ランキングを付けてて驚いたのは「2013年は(お気に入り作家さんである)有川さんの新刊(小説)を読んでないっ!」ってこと。ビックリの新事実でした!有川さんって、結構、コンスタントに作品を発表されてるってイメージがあったので、これはかなり意外。でも、そんなに読んでないってイメージはなかったんだけどなぁ・・・と思い返したら、2013年は映像化された作品が多かったのが理由なのかな、と。映画にドラマと次々と映像化されて、おまけに舞台化までありましたもんねぇ。なので、この1年、有川作品に触れてない時期ってほとんどなかったと言っても過言ではない。おまけに、映像化作品を観たら、例外なくその作品を再読しちゃってたし。
・・・でも、そろそろ新刊を読みたいですね!!



さてさて。

なんだかんだ言いつつ、それでも2013年も色んな作品を読めました。読みながら、泣いたり、笑ったり、ほっこりしたり・・・と、素晴らしい作品と出会い、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
そして、コメントなどのお返しが遅れがちだったりと不義理しまくりだったにも関わらず、変わらずご訪問してくださった方々がいらっしゃったことは、細々とながらも続けていく支えになりました。ありがとうございました。
心から感謝致します。今後も、どうぞよろしくお願いします。


2014年は、とにかく溜め込んでいる記事をとっととUPして追いつきたい!「読んですぐに記事UP」が目標です!1月からは、ちょっと難しそうなので、2月からの目標ということで(笑)

・・・あ、2月はソチ・オリン・・・むにゃむにゃ・・・

が、がんばりまーす!


(2014.01.22)





この記事へのコメント

苗坊
2014年01月22日 13:14
こんにちは^^待ってました~
凄い。読んでいる本は共通しているのにランキングは全然違うっ!というのが感想です^m^人によってそれぞれなので毎年皆様のベストを見るのが楽しみです。
「島はぼくらと」が唯一かぶってました^^この作品良いですよねぇ。青春ですよねぇ。朝井君の作品も良かったのですが私はランキングに入っていませんでした。あれ?なんでだろう…←
私は昨年は163冊でした。2冊及びませんでした。惜しい!←
今まで往復3時間の通勤時間で読んでいたのがなくなったのが要因です^^;それでも読書はもちろん続けていきますので引き続きよろしくお願いいたします。
「あまいゆびさき」読みたいんですけど、さすがに図書館には入らないんですよねぇ…どうしようかなぁ^^;
すずな
2014年01月23日 14:55
>苗坊さん
大変、大変、お待たせいたしましたm(__)m
早速のTBとコメントありがとうございます!

苗坊さんとは読んでる本が共通してるのはもちろん、お気に入り度も同じかと思いきや・・・そんなに違いますか^_^;
*苗坊さんのところには今から伺って確認してきます!
でも、仰る通り、それが楽しみでもありますよね~。苗坊さんはどんなランキングになってるんでしょう。わくわく。
苗坊さんは多読だというイメージがあったので、私よりも少ないと言うのは意外です~。環境の変化は大きいですね。お互い、無理のない範囲で頑張りましょう!
「あまいゆびさき」はさすがに図書館は厳しいんでしょうか^_^;まぁ、借りるのも躊躇しちゃいそうな装丁ですけどね。でも、一読の価値あり!・・・と、私は思います。
2014年01月24日 22:55
すずなさん、こんばんは(^^)。
あら~、145冊で「少ない」とは…。参ったなぁ(^_^;)。
こ・・今年はもうちょっと読もうね、私!

ランキング、『ヒア・カムズ・ザ・サン』しか読んでないですね・・・。
あ、でも『ガソリン生活』は新聞掲載時に読みました。でも、加筆修正してるということなので、単行本もそのうち読みたいと思っています(^_^;)。

え?『あまいゆびさき』は、図書館では難しいんですか?
あ~、え~と~、O市図書館には所蔵されてますデスよ…(笑)。なんか、O市に限らずO阪府の図書館は超リベラルなようで、N市図書館ではBLとかも普通に並んでて、ちょっと表紙の肌色度が高くて、目のやり場に困ることもあったりしましたね(^_^;)。
私、『あまいゆびさき』もう予約済みです♪
べる
2014年01月28日 01:20
ご無沙汰しておりました^^;忘れずにいて下さってありがとうございます(><)。今年もどうぞよろしくお願いいたします!
既読は5冊でした。宮木さんの作品、こちらの図書館にも入っていないかも・・・(新刊情報で書名を見かけた記憶がない)。「官能と少女」は入っていたので読んだのですけれど(記事にできず仕舞いでしたが^^;)。
恒川さん、出た当時予約本いっぱいで予約し損ねて未読のままなのでした。読まなければ!
コンビニたそがれ堂シリーズ、気になりつつ未読なんですよ。図書館で見かけることがあったら借りてみたいと思います^^
TB反映されてなかったらすみません(さきほどエラーメッセージが出てしまったので^^;)。
すずな
2014年01月28日 12:51
>水無月・Rさん
自分比では少ないなぁと。図書館本を読み終わらなくて未読のまま返却しっちゃったこともあったので余計にね^_^;

お、水無月・Rさん宅も朝日新聞ですか。私は新聞掲載時に読めなかったので単行本で読んだんです。現在、朝日新聞では宮部さんの連載が続いてますね。これは、きっちり読んでますよー。
あまい~は地元図書館では所蔵されてません^_^;司書さんの好みが出るんでしょうねぇ。それと、あの装丁だとなかなか難しいのかなと思ってしまいます。
すずな
2014年01月28日 12:55
>べるさん
こちらこそ、ご無沙汰してました。いっつも読み逃げしてばっかりだったので、新年くらいは・・・とご挨拶させていただきました(笑)今年は、もうちょっと足跡を残せるようにしたいと思います^_^;

恒川作品はボリュームに慄きますが(笑)、読み出すと一気に読めました!そして、コンビニたそがれ堂シリーズは、私は毎回、涙腺決壊させながら読んでいます。機会があったらお手にとって見てくださいね~!

TBの件はご心配をおかけしました。ちゃんと届いています!承認制にしたら、どうもエラーメッセージが出てしまうようです。すみません;;;
2014年01月28日 22:25
5、8,10位が既読でした。どれも良かったですね!!!
上位作品は今年の読書の参考にさせて頂こうかと 笑
御互い、有意義な読書生活が送れますように!!!
すずな
2014年01月29日 12:37
>yoriさん
上位作品・・・2位はyoriさんがお手に取られるにはかなりの勇気を必要とするかもしれませんが^_^;
本当に、お互い有意義な読書生活が送れるといいですね!

この記事へのトラックバック

  • 2013年読書記録と今年の反省

    Excerpt: 少し早いですが、もう本を読み切ることはないと思うので書いちゃいます。 もうすぐ2013年が終わりますね。ついこの間2012年も終わりだーって思っていた気がするのに。年を重ねるごと ... Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2014-01-22 13:15
  • 水無月・R的・2013年読了作品 ベスト10!

    Excerpt: 年々、読める作品数減ってきています・・・・(^_^;)。今年、読了できた作品は46作品。 す、少ない・・・来年はもうちょっと読めるようになりたいなぁ。 Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2014-01-24 21:57
  • 2013年マイベスト

    Excerpt: どうもみなさまこんばんは。 今更感満載ですが(^^;;)、昨年度の年間ベストを発表させて頂きたいと思います。 読んだ本自体が少ないので、さほど悩まないかと思いきや、悩んだ、悩んだ。 突出して良か.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2014-01-28 01:11
  • 今年の44冊

    Excerpt: 一年に50冊の本を読むことを目標にしている。 以前はそれくらいの冊数を 苦にもせずに読んでいたと思うのだが、 ここ数年はなかなかそうもいかない。 Booklog に読書記録を綴るよ .... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2014-01-28 22:27