聖なる怠け者の冒険(森見登美彦)

「朝日新聞夕刊」に連載されていた長編小説。新聞連載を全面改稿して刊行。

いつものことで、新聞連載時には途中で挫折したんだけど、これはチマチマちょっとずつ読むより、最初から最後まで一気に読んだ方が良かったなぁと思っちゃいました。・・・決して負け惜しみじゃないんですよー(笑)でも、連載時から全面改稿されてるってことなので、やっぱり新聞掲載時にも挫折せずに読めばよかったなぁ;;;と、ちょっぴり後悔。

怠け者の小和田くんが、1年前から京都の街に現れた「ぽんぽこ仮面」に後継者になれ!と追い掛け回される、そんな一日を描いた物語。

森見さんお得意の京都を舞台にしたドタバタ劇って感じかな。久しぶりのもりみー節に、最初はちょっと戸惑いつつ、読み始めたらグッと心を鷲掴みにされて夢中で読みました。面白かった!

みんながぽんぽこ仮面には感謝してて大好きな筈なのに、何故、追いかけ回して捕獲しようとしたのか。逃走劇にハラハラワクワクドキドキさせられ、最後に分かったその理由には、思わず笑ってしまいました。こういう脱力しちゃうような面白さが森見さんの魅力ですね。

途中で「宵山万華鏡」や「有頂天家族」とのリンクもあって、ファンとしては嬉しいサプライズでした。ちょっとテンションがあがっちゃいましたね~。


森見さんは、体調を崩されてたりもして新作も久しぶりに読めたんですが、その後、体調の方はどうなんでしょうね。そちらも心配ですが、こうして長編を読むと、また新たな物語が読みたくなってしまいます。回復されるのが一番ですが、また、森見ワールドに浸れる日が一日も早く訪れる事を願っています。。。




(2013.07.05読了)




聖なる怠け者の冒険
朝日新聞出版
2013-05-21
森見 登美彦

Amazonアソシエイト by 聖なる怠け者の冒険 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2013年08月18日 00:59
こちらにもこんばんは。最近しつこいですね^^;
久しぶりのモリミー作品!楽しみにしていました。
最初は点ばかりでうまくつながらなったのですが線になった時にはもう読む手が止まらなくなっていました。
長い長い1日でしたね~
すずな
2013年08月21日 17:23
>苗坊さん
しつこいなんて、とんでもなーいっ!いっつもコメントやTBをありがとうございます♪とっても嬉しく思ってます!!

久しぶりのモリミー作品でしたね。たしかに最初はちょっと???な部分も多かったですが、途中からはぐいぐい読めましたね~。
ホント、長い長い一日でした^^;
2014年02月11日 15:59
すずなさん、こんにちは(^^)。
あまりにも長くて中身の詰まった1日、溺れそうになりました、私(笑)。
活躍しない主人公(笑)、個性的な周りの人々、不思議な組織(芋づる的)、モリミー用語満載、ホントに面白かったです~♪
すずな
2014年02月26日 12:37
>水無月・Rさん
コメントが遅くなって申し訳ありません;;;

長い長い一日でしたね。私も溺れそうでした(笑)
活躍しない主人公に思わず笑ってしまいました!ホントに活躍しなかったですねぇ。
久々のモリミーワールドを満喫できた1冊でしたね♪

この記事へのトラックバック

  • 聖なる怠け者の冒険 森見登美彦

    Excerpt: 聖なる怠け者の冒険著者:森見 登美彦朝日新聞出版(2013-05-21)販売元:Amazon.co.jp 一年ほど前からそいつは京都の街に現れた。虫喰い穴のあいた旧制高校のマントに身を包み、かわいい.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2013-08-18 00:53
  • 『聖なる怠け者の冒険』/森見登美彦 ◎

    Excerpt: 本作『聖なる怠け者の冒険』なんですが、実は新聞連載時に、読んでたんですよね。でも、新聞連載小説って単行本にするときに結構加筆修正するものだし、やっぱりまとめて読みたいよねぇ~、なんて気軽な気持ちで読み.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2014-02-11 15:56
  • 聖なる怠け者の冒険  森見 登美彦 

    Excerpt: 聖なる怠け者の冒険 舞台は京都 時は祇園祭宵山土曜日。 そこで展開される ばかばかしいドタバタ劇。 怠けるためには、 なんでもするという主人公、 大和田君はどんな場面でも 怠け者を貫き通す。.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-03-19 19:57