◆2013年6月の読書

あっつい、あっつい日が続いていますねぇ;;;という8月半ば。ようやく6月のまとめです^^;
まぁ、ちょっと色々と事情がありまして、こんなことになってしまいました。詳しくはのちほど。


1.打たれ強く生きる(城山三郎)★★
2.エール1(アンソロジー)★★★
3.薔薇とビスケット(桐衣朝子)★★★
4.ストレイヤーズ・クロニクルACT-3(本田孝好)★★★★
5.ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~(三上延)★★★★
6.官能と少女(宮木あや子)★★★★
7.コンビニたそがれ堂 空の童話(村山早紀)★★★★★
8.有川浩の高知案内(有川浩:案内/ダ・ヴィンチ編集部:編)★★★
9.シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)★★★★
10.坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー (アンソロジー)★★★★
11.フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン(小路幸也)★★★★
12.残月 みをつくし料理帖(髙田郁)★★★★
13.眠らないため息(アンソロジー) ★★★
14.KAMIKAKUSHI 神隠し(長野慶太)★★★
15.あのひとは蜘蛛を潰せない(彩瀬まる)★★★★
16.ふたつめの庭(大崎梢) ★★★★
17.決壊石奇譚 百年の記憶(三木笙子) ★★★★
18.エール!2(アンソロジー)★★★★

19.ホテルローヤル(桜木紫乃)


2013年6月の読書は19冊。★5つが1冊。
2013年合計100冊。月平均17冊。


6月は読めなかったかな~と思っていたら、結構、読んでましたねぇ。ちょっとびっくり。でも、1冊は、どのタイミング読んだのか分からないのがありまして^^;記録することの大切さを実感したのでした。後回しにすると忘れちゃうなぁ;;;気をつけよう。

漫画は・・・何か読んだかな。読んだような気もするけど、忘れちゃった;;;・・・あぁ、やっぱり記録するって大切ですね^^;
そうそ、漫画といえば!「ガラスの仮面」の新刊は、一体いつになったら出るんでしょうねぇ。延期の連続で、もう何回、延期があったのかすら忘れてしまいましたよ(笑)今年中には手にする事が出来ますように・・・。



6月は個人的に『有川さん祭り」でした。
まずは文庫化。
県庁おもてなし課」「キケン」の2冊が文庫化されました。どちらも単行本を持ってるんだけど、雑誌等に掲載されたスピンオフ(「サマーフェスタ」:県庁おもてなし課、「キケン 番外編」:キケン)が文庫化時に収録されるんだろうと思って楽しみにしてたんですよねー!それが、蓋を開けてみたらどちらも収録されてなくって!「はぁっ!?なんでーっ!ここで回収しなくて、どこでするのーっ!?」とビックリしちゃいました。本当に、どうしてでしょうか。機会があれば、関係諸氏に膝詰で理由をお聞きしたいもんです。

##後日談##
「サマーフェスタ」の方は、大人の事情が判明しましたねぇ。「くぅーっ、そうきたか!上手いなぁ!」って感じ(笑)しっかり踊らされそうなワタシであります^^;


そして、映像化。
映画「図書館戦争」「県庁おもてなし課」と、TVドラマ「空飛ぶ広報室」の3作品。
こちらについては、別記事で思う存分叫んで語っているので、ここでは割愛(笑)



本以外では、毎年恒例の「現実逃避の旅」に行ってきました。とはいえ、今回は日程&場所の関係で、のんびり満喫!というのとはちょっと違ってて・・・。友人達ともゆっくり語れなかったのも残念だったなぁ。秋にはリベンジ出来るといいけど。ま、ストレス解消と元気を貰えたのは良かったけどね。

最大の出来事といえば「上司の長期入院」ですね。バタバタと決まったというもあったんだけど、決算期だったというのが大きい。もうね、慣れない処理に頭を抱え右往左往って感じでしたよ。残業続きで心身共にグッタリ;;;
・・・の割には、読書量は減ってなかったのでビックリだったけどね^^;まぁ、私にとっての読書ってストレス解消でもあるので、全くなくなったら、それはそれでヤバイからねぇ。良かったって言えば良かったのかな。


と、そんなこんなの6月でした。
・・・あ、ひとつおねーさんになりました(笑)今年も、各方面から様々なカタチでお祝いをしてもらいました。
##入院中の上司からもお祝いメールが届いたのにはビックリした!
毎年々、本当にありがたいことです。ということで、改めてお礼をば。
どれもこれもが、嬉しい贈り物でした♪心に沁みました。本当に、本当にありがとうっ!!



(2013.08.14)


この記事へのコメント