ジヴェルニーの食卓(原田マハ)

マチス、ドガ、セザンヌ、モネという4人の印象派の画家を、彼らと関係のあった女性達の目線で描いた短編集。

「楽園のカンヴァス」が面白かったので、この作品も、絵画の知識がそんなにない私でも楽しめるんじゃないかなぁと思って手に取りました。まさに、その通り!どの短編も夢中になって読めました。面白かった。

マチスは家政婦、ドガはライバルの女流画家、セザンヌは画材商の娘、モネは義理の娘が、それぞれの画家達について語っている。あ、セザンヌに関しては、娘がセザンヌに宛てた手紙という形式になってるんだけど。

どのお話も、画家の身近にいた人々がその画家について語っているということで、その画家の人となりや生活が手に取るように伝わってきました。あの時代、画家達がどんな風に暮らしていたのか、それがものすごく生き生きと伝わってきて、とても興味深く読みました。読みながら、私自身がその時代にいて、その画家を身近で見つめているような気分にもなって、ある意味、とっても楽しかった。

残念ながら、絵画についてそこまで知識がある訳ではないので、文中に出てくる絵画がどんなものなのか分からない事が多かったのは残念だったかな。さすがに、モネの「睡蓮」とかは分かりますけど。なので、読了後に検索しては「お~この絵か!」と悦に入ったりもしたのでした(笑)それにしても、こうしてネットで検索すればすぐに見れるっていうのは、すごく便利だなぁと、そんなことも改めて感じたのでした。

そして、やっぱりどこかの美術館に出かけたくなったのでした。できれば、ここに登場した4人が一緒に見れるような展示会があればいいのになぁ・・・。それは、ちょっと贅沢な願いかな(笑)



・うつくしい墓
・エトワール
・タンギー爺さん
・ジヴェルニーの食卓


(2013.05.22読了)






ジヴェルニーの食卓
集英社
原田 マハ

Amazonアソシエイト by ジヴェルニーの食卓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2013年06月16日 21:55
こんばんは^^
全部が史実ではないかもしれませんが、画家の生活を垣間見えて素敵な読書が出来た気がします。
この小説とどこかの美術館がコラボすれば可能かもしれませんね^^私も見てみたいです。
私のブログのTBの文字化けに関してですが、すずなさんだけでなくなぜだか皆さんなっちゃうみたいです。特にウィルスとかそういったものではないみたいなので気にしないでくださいね^^
でも、また頂いても文字化けしちゃうかもです。理由が分からないので直しようもなく…せっかくしてくださったのにすみません。
すずな
2013年06月18日 12:44
>苗坊さん
あの頃の画家たちの生活を垣間見れたようで、ちょっとワクワクしましたね。おっしゃる通り、素敵な読書が出来た気がしました。
どこかの美術館がコラボしてくれないかなぁ…と思っちゃいます^^;

TBの件はありがとうございます。再挑戦したら無事に送れたので良かったです♪
2013年07月19日 23:43
すずなさん こんばんは
TB飛ばしたのですが、
当方の管理サイトにはエラーメッセージ、
多分飛んでいませんね 苦笑
さてさて、本作、静かな静かな物語の連続、
静謐な気分に浸れました!!!
yori
2013年07月19日 23:43
あれ、TB 成功した模様!! 笑
すずな
2013年07月20日 14:57
>yoriさん
TBの件ではお手数をおかけしました。一旦、保留になるのでエラーメッセージが出てしまうんでしょうか;;;すみません。。。

あ~たしかに、静謐な気分に浸れる物語でしたね。じわじわ沁みてくるものがありました。

この記事へのトラックバック

  • ジヴェルニーの食卓 原田マハ

    Excerpt: ジヴェルニーの食卓著者:原田 マハ集英社(2013-03-26)販売元:Amazon.co.jp 「この世に生を受けたすべてのものが放つ喜びを愛する人間。それが、アンリ・マティスという芸術家なのです.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2013-06-16 21:53
  • 遠慮気味の静けさ

    Excerpt: 作品を前にして画家は多くを語らない。 もちろん作品である絵画自身だって、 何も語らないし語れない。 しかし、その作品の制作プロセスには 様々なストーリーが隠されている。 ... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2013-07-19 23:37
  • ジヴェルニーの食卓 原田マハ

    Excerpt: ジヴェルニーの食卓 うつくしい墓 色彩の魔術師といわれ 冬の日だまりのようなマティスと 夏の真昼のようなピカソの関係。 エトワール― 瞬間を描くことに力を費やしたドガ 『14歳の小さな踊り子.. Weblog: 花ごよみ racked: 2013-10-05 07:48
  • 「シヴェルニーの食卓」/原田マハ

    Excerpt: 「シヴェルニーの食卓」/原田マハ(集英社) 「楽園のカンヴァス」を読んでから約半年。「楽園のカンヴァス」では、アンリ・ルソーを。本作ではマティス&ピカソ、ドガ、セザンヌ、モネ等、絵画の世界を.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-02-21 12:25