閃光スクランブル(加藤シゲアキ)

著者のデビュー2作目。

デビュー作が結構、良かったので読んでみました。2作目が出るまでにもうちょっと時間がかかるかなと思ってたので、意外に早かったのにはちょっと驚きました。


世代交代の波に自分を失いかけている女性アイドルと、最愛の妻を失いパパラッチをしているカメラマンの物語。アイドルグループMORSEのメンバーである亜希子は大物俳優と不倫関係にあり、その現場をスクープしようと動いていた巧と出会うが・・・。


ちょっとベタと言えばベタな展開で、先が読めたりもしたんですが、個人的には1作目よりも楽しめました。実は、ラストではウッカリ涙腺が緩んでしまったりもしちゃった。亜希子と巧の二人が、過去を乗り越え、お互いを想いながら前を見て進もうとする。亜希子の歌う歌詞にグッときてしまいました。欲を言えば、二人のもうちょっと先の未来まで読んでみたかったなぁとも思ったりもしました。まぁ、あのラストでも良かったとは思うんだけどね。

現役アイドルである著者が描いてるというのもあって、アイドルたちの会話やアイドルとしての葛藤などにもすごくリアリティが感じられたのも良かったかなぁ。所々、「これは実体験?」と思うような描写もあったりもして、色んな意味で想像が膨らみました。

ただ、それは長所でもあると同時に短所でもあるんですよね。芸能界を舞台にしているので、どうしても「現役アイドルが書いた小説」なんだからリアリティがあるのは当然だよねーと、そんなイジワルな見方も出来る訳でして。個人的には「作家さんが書いた小説」として十分に読めると思うので、出来れば「芸能界」から離れた作品を書いてみて欲しいなぁと思います。って、これはデビュー作の記事でも書いたと思うんだけども。



(2013.03.30読了)




閃光スクランブル
角川書店(角川グループパブリッシング)
加藤 シゲアキ

Amazonアソシエイト by 閃光スクランブル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2013年05月13日 22:49
こんばんは。
ようやく私も読みました。
私も前作よりも好きです。前作は文章がまどろっこしくて始め読みにくさを感じたのですが今回はそれはなかったですし。
確かに芸能人だからリアルに書けるんだろうなと思う部分もありますが、それでも私もこの作品好きです^^最後は私もうるっとしました。よかったーと思いました。
渋谷サーガは三部作だそうなので、次はまた同じ芸能界かもしれませんが、三部作の次は芸能界以外の物語を希望します^^
すずな
2013年05月15日 12:29
>苗坊さん
前作よりも良かったですね~。
最後は涙腺が緩んじゃいますよね!グッときました。
三部作ですか!じゃ、次まで渋谷を舞台にした小説を書かれるんですね。それはそえで楽しみです♪
でも、その後は、ぜひ芸能界以外の物語を書いて貰いたいですね~(笑)

この記事へのトラックバック

  • 閃光スクランブル 加藤シゲアキ

    Excerpt: 閃光スクランブル著者:加藤 シゲアキ角川書店(角川グループパブリッシング)(2013-02-26)販売元:Amazon.co.jp 5人組の女性アイドルグループ、MORSEのメンバー・亜希子は、年の.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2013-05-13 22:47