◆2013年1月の読書

順調に記事UPしてたハズなのに、気付けば2月が5日以上も過ぎている;;;おかしいなぁ…。ということで、ようやく1月のまとめです!


1.けさくしゃ(畠中恵)★★★
2.母性(湊かなえ)★★★★
3.RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと(荻原規子)★★★★
4.アルバトロスは羽ばたかない(七河迦南)★★★★★
5.NO.6 #7(あさのあつこ)★★★
6.ギフト(日明恩)★★★
7.妖怪アパートの幽雅な日常⑧★★
8.婚外恋愛に似たもの(宮木あや子)★★★★
9.ストレイヤーズ・クロニクルACT-2(本多孝好)★★★★
10.珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を(岡崎琢磨)★★☆
11.64(横山秀夫)★★★★★
12.本屋さんで待ち合わせ(三浦しをん)★★★★
13.無花果とムーン(桜庭一樹)★★★
14.神去なあなあ夜話(三浦しをん)★★★★
15.死者のための音楽(山白朝子)★★★★
16.展覧会いまだ準備中(山本幸久)★★★
17.ふくわらい(西加奈子)★★
18.ブラックボックス(篠田節子)★★★★
19.流転の女(松下麻理緒)★★★★


2013年1月の読書は19冊。5つ★は2作品。

あれ?思ったよりも少なかったなぁ^^;もうちょっと読んだような気がしてたんだけどなぁ。ま、2012年が月平均16冊だったことを考えると、まずまずの滑り出しって感じでしょうか~^^;


実は新年1冊目に読んだのは↑ではなかったんですよねー。ここ数年、お約束として↓を再読しております。これを読んで、2日・3日の箱根駅伝をTV観戦するってのがパターンとなってしまいました。何度も読んでるんだけど、お正月になるとつい手が伸びてしまうんだよね(笑)

◆風が強く吹いている(三浦しをん)


Amazonアソシエイト by 風が強く吹いている (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今年のお正月は、映画の方がTV放映されまして。観ようと思って録画したんだけど、まだ観てなかったり。どうしよう。このまま観ないで一年が過ぎそうな気がします(笑)



そして、もちろん漫画も読みました!中でも印象的だったのは、小学生の姪に借りた↓このシリーズ。

◆いじめ(五十嵐かおる)


Amazonアソシエイト by いじめ -凍りついた教室- (フラワーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「こんな漫画が出てるとは!」とビックリな内容でした。タイトルから判ると思いますが、学校内でのいじめがテーマになったものなんだよね。ストレートすぎてビックリ。人気があるらしくってシリーズ化されてるんだよね。それにもビックリでした。

これね、悲惨な最後で終わるものはないんだけど、内容がそれはそれは重いものなので読むのにかなりの気力が必要です。数冊借りたんだけど、途中で気力がなくなってしまって、中休み(?)を取りながら読了しました。ラストはそれなりに希望の持てるものばかりではあるんだけど、「そんなにすんなり解決できないよねぇ・・・」とか「そんなに上手くいくわけないよねぇ・・・」と、ついつい思っちゃうのはオトナの感覚なのでしょうか。いまひとつ、リアリティが薄いような気がしてしまいました。まぁ、小学生向けとしては、こんなもんなのかなぁとは思うけど。


1月は芥川賞・直木賞も発表されました。芥川賞とは相性が悪いので(笑)、直木賞だけ↓

◆第148回直木三十五賞
<受賞作>
何者(朝井リョウ)
・等伯(安部龍太郎)

<受賞以外の候補作>
空飛ぶ広報室(有川浩)
・国を蹴った男(伊東潤)
・春はそこまで 風待ち小路の人々(志川節子)
ふくわらい(西加奈子)

今回は有川さんがノミネートされてて、それはそれはビックリ&嬉しかったのでした。受賞出来なかったのは残念だったけどね。そして、受賞は安部さんと戦後最年少の朝井さんのダブル受賞!朝井さんは好きな作家さんの一人なので受賞は嬉しいんだけど、正直、「この作品で受賞ですか・・・」という気分でした。ま、選考委員の方と私の趣味は違うんだな、ということで納得(笑)


そして、本屋大賞のノミネート作も発表されました。

◆2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)
・海賊とよばれた男(百田尚樹)
きみはいい子(中脇初枝)
・屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔)
晴天の迷いクジラ(窪美澄)
・世界から猫が消えたなら(川村元気)
・ソロモンの偽証 第Ⅰ部第Ⅱ部第Ⅲ部(宮部みゆき)
・百年法(山田宗樹)
ふくわらい(西加奈子)
・光圀伝(冲方丁)
楽園のカンヴァス(原田マハ)
64(横山秀夫)


今年は11作品がノミネート。有川浩作品が入ってなーい;;;得票が足りなかったのか、それとも、今年も辞退されたんでしょうか。どっちなんだろう。気になる。「旅猫リポート」なんて、本屋大賞にピッタリな作品だと思うんだけどなぁ・・・。どっちにしろ残念です。

11作品のうち既読は6作品。とりあえず、未読分は図書館に予約したんだけど、どれも人気で大賞発表までに読めるかどうかは微妙なところです。


そして、1月ということで、今年の読書目標なんぞも!…と思ったんだけど、昨年の目標↓も達成されてないので、まずはそちらをクリアしようと思います。

1)道尾秀介作品コンプリート
2)東野圭吾さんの「加賀刑事シリーズ」コンプリート
3)宇江佐真理さんの「髪結い伊三次シリーズ」コンプリート

実は、一昨年からの持ち越しなんだよね;;;今年こそは有言実行!!…出来るように、がんばろ^^;

あ、それにプラスして↓もいれとこ。…がんばるー。
4)積読本の取り崩し!



長ぁ~~~~くなってしまいましたが、読書以外では…何かあったかな^^;なんだかあっという間に1か月が過ぎちゃったような気がするんだよねぇ。いかんいかん。いろいろ、ちゃんとやらなくちゃー!



(2013.02.07)



この記事へのコメント