オチケン探偵の事件簿(大倉崇裕)

オチケン!」「オチケン ピンチ!!」に続くシリーズ3作目。

待ってました!ってほどではなかったんですが(←失礼;;;)、タイトルを見た瞬間に「あ、オチケンの新刊だー!」と躊躇なく手に取ってしまいました。

落語に興味がないのに大学の落語研究会に無理矢理入部させられた越智健一くんが、先輩である中村や岸にお尻を叩かれながら事件解決に奔走するお話。相変わらずの軽さと緩さがいい感じの作品でした。今回も落語の含蓄満載で、落語の噺をベースにした謎解き。越智くんが右往左往する様がユーモラスに書かれていて、緊迫感があんまり感じられないのがこの作品の魅力ですね(笑)

それにしても、岸も中村も真相が分かってるらしいのに、越智くんにあれこれ示唆するだけで、謎解きはしてくれないのは何故なんでしょう。・・・面倒くさいから?とかついつい思ってしまうんだけど、あながち外れてはいないと思うんですけどね(笑)まぁ、お陰で、私も読みながら越智くんと一緒に、あれこれ悩んだり出来たので良かったんですけど。・・・でも、越智くんよりも推理力のない自分を発見しただけっていう結果になっちゃいました(笑)

そうそう!すっごく気になるのは越智くんが、果たして4年で大学を無事に卒業できるかどうかってこと(笑)この調子で先輩達に引っ張りまわされていると、それは難しそうな気がするなぁ・・・。どうなるんでしょうね。てか、そこまでこのシリーズが続くんでしょうか。是非、続けて欲しいなぁと思います。


今回も知らない噺が登場しました。いつか、実際に聞ける機会があればいいなぁ。



・幻の男
・高田馬場




(2012.12.15読了)



オチケン探偵の事件簿
PHP研究所
大倉 崇裕

Amazonアソシエイト by オチケン探偵の事件簿 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2012年12月31日 09:30
私もちょうど昨日記事にしたところです^^
相変わらず越智君は先輩たちに振り回されっぱなしでしたね^^;
私は卒業の前に、越智君の夏休みの宿題が終わるのかの方が心配になりました(笑)。
すずな
2013年01月07日 12:36
>べるさん
同じタイミングでしたね~♪
越智くんが先輩たちに振り回される姿は可哀相だと思いつつ、つい笑ってしまいました^^;
たしかに、夏休みの宿題は終わるかどうか心配ですね~終わらないような気もしますけど(笑)

この記事へのトラックバック

  • 大倉崇裕/「オチケン探偵の事件簿」/PHP研究所刊

    Excerpt: 大倉崇裕さんの「オチケン探偵の事件簿」。 大学入学早々、落語にまったく興味がないのに、廃部寸前のオチケン(落語研究会)に入部させられた 越智健一(おちけんいち)。風変わりな二人の先輩にふりま.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2012-12-31 09:27