◆2012年9月の読書

さて、ようやく9月のまとめです!
・・・って、毎月、書いてるような気がするけど(笑)今回は不可抗力だったんだよー!本当はもっと早く、この記事をUP出来るハズだったんだよね。それが、私がPC前に座る時に限って(早朝ね)「ブログ不具合」が発生してるんだよーっ!プロバイダーによると「原因究明中」らしいんだけど、こう何度も不具合が発生するのは困るよ。とっとと原因を見つけて対処して欲しいもんです。てか、なんで原因を見つけるのにそんなに時間がかかるんですかー!

・・・いかんいかん。横道に思いっきり逸れた;;;ということで、9月の読書。


1.静おばあちゃんにおまかせ(中山七里)★★
2.新月譚(貫井徳郎)★★★
3.夏雷(大倉崇裕)★★★★
4.白ゆき姫殺人事件★★★☆
5.先生のお庭番★★★★★
6.アラミタマ奇譚(梶尾真治)★★
7.早稲女、女、男(柚木麻子)★★★★
8.アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅱ (深町秋生)★★★
9.ご近所美術館(森福都)★★☆
10.信長の茶会(永田ガラ)★★★☆
11.清須会議(三谷幸喜)★★★
12.千年鬼(西條奈加)★★★★
13.復活 ポロネーズ第五十六番(古野まほろ)★★★☆
14.ダンナ様はFBI(田中ミエ)★★★★



9月は14冊。5つ★は1冊。
2012年合計 154冊。月平均17冊。

・・・うーむ。「読書の秋」に入った割には読めなかったなぁ;;;せめて、あと3冊は読みたかったんだけど、ノレなかったり、睡魔に襲われたり、読書以外のことに時間を取られたりと、まぁ色々あってこんな結果となってしまいました。


漫画も何冊か読んだ。職場の方にお借りした本ばかりだったなぁ。その中で印象的だったのが「ねこじぞう」。本当にこんなおじぞうさまがあるのなら、私も行きたいなぁ・・・と思ってしまった。

◆「ねこじぞう」

ねこじぞう (ねこぱんちコミックス)
少年画報社
2012-08-16
池田 さとみ

Amazonアソシエイト by ねこじぞう (ねこぱんちコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




↑作者の池田さとみさんの作品はかなり読んでますね~。全部、借りた本だけど(笑)ホラー系なんだけど、ほんわかな絵柄なので私でも抵抗なく読めるんだよね。


9月は好きな作家さん関係で驚いた事が2つありました。

・NHK「視点論点」
早朝、TVをつけたら有川浩さんが一人でしゃべっていたこと!びっくりしたよ~。ちょうど、台風が通過した時で、目が醒めて「台風はどこにいるのかな?」とNHKを見たら有川さんがどどーんと!「えっ!?えぇーっ!なんでーーーっ!?」と朝から大パニックになりつつしっかり見ました(笑)10分という短い番組で有川さんが「追いかけたい背中」というタイトルでお話をされてました。ちょっと緊張気味の有川さんを見れて嬉しかった。見たのは途中からだったんだけど、調べたら昼間に再放送があったので、しっかり録画して夜に最初から見直したのでした。

・新聞広告で「みをつくし料理帖」書き下ろし短編
TVドラマが放送された日の新聞に1面フルカラーで、どどーんと載ってたんだよね~。こちらも、朝から叫んでしまったよ(笑)味醂の広告で、澪ちゃんは登場しなかったけれど、舞台はつる屋だし、りうさんが登場したりして、ほっこりとなれる良いお話でした。実はちょっとうるっとしたりもしたのでした。このお話、次の本に収録されるのかなぁ・・・。出来れば、作品のファン、みんなに読んで欲しいなぁ・・・。


と、本に関することばかりをつらつら書きましたが、本以外では・・・何があったかな^^;あ、9月は運動会でした!小学生の姪達の運動会。下の子は1年生で初めての運動会だったので、すごく楽しみにしてたんだけど、台風の影響で月曜日に延期になっちゃいまして・・・。仕事だよなぁ;;;とガッカリしてたんだけど、職場と小学校が近い(車で5分くらい)こともあり、部署のみんなの後押しもあって、しっかり観戦に行けました~♪朝、ちょっと仕事して小学校に向かい、昼食を挟んで姪っ子達の出る競技を全て観てから職場に戻りましした。一応、有給届を出したので仕事はしなくても良かったんだけど、月初めで仕事は山積してたからね^^;自分の為にも少しでも仕事を消化しときたかったので。観に行けただけで満足。快く(か、どうかは分からないけど/笑)行かせてくれた職場の方にも感謝。


10月に入って、随分と涼しくなりました。涼しいと言うより寒くなってきたなぁって感じかな。早く衣替えをしなくちゃ!


(2012.10.14)


この記事へのコメント