◆2012年8月の読書

オリンピック(観戦)に熱ーく燃えた8月も終わりました。ということで、前半は読書が進まなかったけれど、後半はそれを取り戻すかのように貪り読みましたよー!


1.学生時代にやらなくてもいい20のこと(朝井リョウ)★★★
2.チマチマ記(長野まゆみ)★★★
3.雲の王(川端裕人)★★★★
4.こころ(夏目漱石)★★★
5.話虫干(小路幸也)★★★★
6.烏に単は似合わない(阿部智里)★★★★★
7.シフォン・リボン・シフォン(近藤史恵)★★★★
8.空飛ぶ広報室(有川浩)★★★★★
9.森の家(千早茜)★★★
10.心がほどける小さな旅(益田ミリ)★★★★
11.晴れときどき涙雨 髙田郁のできるまで(髙田郁)★★★★
12.裏閻魔3(中村ふみ)★★★★★
13.花のさくら通り(荻原浩)★★★
14.月と雷(角田光代)★★☆
15.痛み(貫井徳郎・福田和代・誉田哲也)★★★★
16.なぜあの時あきらめなかったのか(小松成美)★★★
17.ビブリア古書堂の事件帖3~栞子さんと消えない絆~(三上延)★★★
18.ひなこまち(畠中恵)★★★
19.キシャツー(小路幸也)★★★★
20.夢より短い旅の果て(柴田よしき)★★★☆



8月は20冊。5つ★は3冊。
2012年合計 140冊。月平均は17.5冊。


今月はシリーズ物が多かったかな。あと、エッセイや対談集も珍しく数冊、読みました。最近、以前はほとんど手をつけなかったエッセイにも手を出すようになったなぁ。読み始めると結構、面白かったりするんだよね。まぁ、苦手意識は相変わらずあるので、そこまで積極的に読もうとは思わないんだけどね(笑)


漫画の方は弓きいろさんの「図書館戦争」がとうとう10巻となりました!

図書館戦争 LOVE&WAR 10 (花とゆめCOMICS)
白泉社
2012-08-03
有川浩/原作 弓きいろ/作画

Amazonアソシエイト by 図書館戦争 LOVE&WAR 10 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ちょうど茨城県展のあたり。郁が業務部のいやがらせに合ったり、お母さんに職種がばれちゃったりというところ。10巻というのも感慨深いですが、このエピソードまできたかぁ・・・ということの方が感慨深いものがありますねぇ。このままのイキオイで別冊まで描き切って欲しいものです。



で、本に関する最近の話題と言えば映像化!これに尽きます。
最近、お気に入り作家さんの作品が続々と映像化↓されてるんだよねぇ。まぁ、お気に入りの作家さんに限らず、売れた本は、ほとんどと言っていいほど映像化されてるけどね。作家さんや出版社さんにしてみれば、新たなファン獲得のキッカケになるでしょうからいいんでしょうけど、なんでもかんでも映像化という雰囲気はあまり歓迎できないっていうのが本音です。

◆9月22日(土) テレビ朝日スペシャル・ドラマ「みをつくし料理帖」(原作:髙田郁)
◆11月17日(土)公開 実写映画「ワーキング・ホリデー」(原作:坂木司)
◆来年5月公開 実写映画「図書館戦争」(原作:有川浩)
◆来年5月公開 実写映画「県庁おもてなし課」(原作:有川浩)

基本的に小説の映像化反対派なので、どの情報を聞いても第一声は「げっ;;;」です(笑)
だってさ~、小説を読んだ時に自分の脳内でイメージが出来あがってるんですもーん。そのイメージって個々で違うはずなので、どんなキャスティングされたって誰かはイメージに合わない。おまけに、映画化だと尺の都合で個人的にお気に入りな場面がカットされるだけならまだしも、その登場人物自体が存在しないとか、性別を変えられたりとか、なんとかかんとか・・・もう、数え上げたらきりがないです。文字を映像化するんだから、色々と不都合が出てくるのが当然で、それを映像化に当たってイジルのはしょうがないと思う。思うんだけど、その作品に対して思い入れが強ければ強いほど、反発心も強烈になっちゃうのはしょうがないことだよねー。

ということで、基本的にそういう映画やドラマは有川浩さんが言うところの「見ない権利」を行使しております。見なければ、余計な不満は持たなくて済むからね。

それにしてもさぁ、有川さん原作の映像化はどちらも来年5月公開ですよ。せめて1本は夏公開にするとか出来なかったのんでしょうか。それとも「時期をずらせばいいのになぁ…」と思うのは素人考で、2本同時公開の方が相乗効果とかがあるのかなぁ。でも、この2作品って全く違ったタイプのお話なんだけど(笑)
そしてそして!「図書館戦争」が実写化されるなんて、晴天の霹靂でございましたですよ。うむ。



本以外では・・・やっぱりオリンピック!シツコイようだけど(笑)4年に一度のスポーツの祭典ですからね~!興奮度も違うってもんです。ということで、お盆まで睡眠不足になりながらも、早寝&深夜起き&仮寝&早朝起きの繰り返しでした。2度寝ならぬ3度寝とかも何度やったことか(笑)でも、お陰でメダル獲得の瞬間は結構、リアルタイムで観てたりしました。
次は4年後・・・じゃなくて(笑)、2年後の冬季オリンピックですよー!ソチですよー!冬と言えば、何と言ってもフィギュアスケート!日本選手は若手もどんどん台頭してきてて、誰が代表になるのか見当がつきません。個人的には、女子は真央ちゃんに鈴木選手、男子は小塚くんに羽生くん、髙橋くん押しです。ま、その前に今シーズンがもうすぐ始まるので、そっちを楽しみに待ちたいと思います。

9月は秋らしく、過ごしやすい日々になるといいな。読書も進みますように。



(2012.09.08)



この記事へのコメント

苗坊
2012年09月08日 22:00
こんばんは。
図書館戦争の映画化はびっくりしました。アニメで映画化されているので油断してました。もうショックでたまりません。「県庁おもてなし課」もしかり。
私も観ないと思います。「フリーター、家を買う」も観ませんでしたし。自分の中での妄想で十分です。あくまで私の意見ですけども。
個人的な意見としては「図書館戦争」が10月から撮影だそうで、奴のせいで今年のコンサートがねぇんじゃないかと思わなくもないのでやさぐれてます^^;なので尚更イライラしてます。
自分のブログに書くと色々言われそうなのでここで発散。すみません、巻き込んで^^;
すずな
2012年09月09日 07:56
>苗坊さん
私も「図書館戦争」については、アニメ化されてたので油断してました;;;あれを実写映画化ってビックリですよねぇ^^;
ファンとしてはコンサートが無いってことになると大問題ですよねーっ!分かりますよー。それを楽しみに色々、頑張ってるのに・・・ですよね。どうか影響がないことを願ってます。。。
たしかに、苗坊さんのブログではこういうことは書けませんね~^^;どうぞ、発散場所に使ってくださーい(笑)