夜の国のクーパー(伊坂幸太郎)

SFかなぁと思って読んでいたら、最後はあれ?童話だったのかな・・・と。本当にジャンル分けが難しい作品でした。

分厚さもそれなりにあったからか、読み終わるのにかなりの時間を要してしまった;;;伊坂作品なのに、なかなか読み進められなかったんですよねぇ。伊坂作品らしいなぁと思える作品で、ツマラナカッタという訳ではなかったんだけど、面白かったか?と聞かれれば頷くのにちょっと躊躇しちゃうような、そんな感じ。。。


戦争に負けた国の猫が語る街の様子。猫目線で淡々と語られる占領軍の振る舞いやクーパーの兵士のこと。そして、鼠たちとの駆け引き?のこと。

猫が語り手というのが面白かったり、その猫が語る国の様子も、国というには猫が町の全てを把握できるくらい小さな町だったり、町の人々は馬を見たことがなかったり、クーパーとの戦いの様子など、色々と興味深い設定で、そういう部分では面白かった。

ただ、占領軍の真相やクーパーの兵士のこととなどについては、「これって、もしや・・・」と予想できてしまったんですよね。おまけにその予想がほぼ的中してしまって・・・。かなりボリュームのある作品を読んだ挙句にこれって・・・と、複雑な気分になってしまったりしたのでした;;;そういう意味ではちょっと残念だったかな。

猫のトムの語りを聞かされる男の真相には「そうきたか!」と驚かされました。彼については、ちょっとおかしいなぁとは思ってたんですよねぇ。トムが「合図したら兵士を追い払ってくれ」みたいなことを男にお願いしてるんだけど、「いや、いくらなんでも一般人が一人で兵士の団体を蹴散らすなんて無理なんじゃ・・・」って。違和感は感じまくりだったのに、そういうことだとは全く思いもしなかった;;;・・・と、驚かされたけど、これって思いっきりあの物語のパクリ・・・いやいや、オマージュですよね。そうそう、オマージュ!・・・必死で言い聞かせてみる(笑)

それなりに、ワクワクドキドキしながら読んでたので、あのラストにはちょっと脱力でした。

うーーん;;;面白かったのか、イマイチだったのか、自分でも判らなくなってきた;;;なんとも、びみょーなお話でした。

最後の真相に、「えぇーっ!」と驚きつつ、スカッと笑えたら良かったんだろうなぁ・・・。



(2012.07.15読了)




夜の国のクーパー
東京創元社
2012-05-30
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by 夜の国のクーパー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2012年07月27日 20:30
こんばんは^^
最初は読んでいてもどういう話の展開なのか分からず結構読むのに時間がかかりました。
凄い~!展開読めたんですね~。私は全然読めなかったので^^;普通に驚いてました。
すずな
2012年07月31日 12:40
>苗坊さん
私も最初の方は特に読むのに時間がかかりました;;;なかなか入り込めなかったですね。
展開は…なんとなーく^^;でも、驚きたかったなぁと思ってしまいました。
2013年07月16日 20:16
すずなさん、こんばんは(^^)。
私も、読むのに時間がかかりました。
あのオチは、ちょっと…(^_^;)。
仙台に帰った「私」は、どうするんでしょうねぇ。
毎度ながら、変なことが引っかかってしまいます(笑)。
すずな
2013年07月17日 14:03
>水無月・Rさん
あのオチはちょっとねぇ…でしたねぇ^^;もうちょっとなんとかして欲しかったなぁと思ってしまいます。。。
仙台に帰った「私」はどうするんでしょうか。言われてみればちょっと気になりますね。

この記事へのトラックバック

  • 夜の国のクーパー 伊坂幸太郎

    Excerpt: 夜の国のクーパー著者:伊坂 幸太郎東京創元社(2012-05-30)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、お.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-07-27 20:23
  • 『夜の国のクーパー』/伊坂幸太郎 ○

    Excerpt: う~む~。オチがあれですか、伊坂幸太郎さん~(^_^;)。 なんかねぇ、ファンタジーというか大人のための寓話のような、そんな作品だったんですけどね~。 いやぁ、ちょっと私には合わなかったかな~『夜.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2013-07-16 17:17
  • 伊坂流、童話

    Excerpt: 小説「夜の国のクーパー」を読みました。 著書は 伊坂 幸太郎 お馴染みの伊坂作品 今作はまた新境地というか ファンタジーといえ、大人の童話というか・・・ 喋る猫、国王、兵士たち なんだかごった.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-02-24 16:36