◆2012年5月の読書

5月のまとめです!
…って、前置きはないのかっ!って感じですが(笑)

1.PK(伊坂幸太郎)★★★★
2.真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒(大沼紀子)★★★★
3.サクラ咲く(辻村深月)★★★★
4.パラダイス・ロスト(柳広司)★★★★
5.あのころの、 (アンソロジー)★★★
6.起終点駅 ターミナル(桜木紫乃)★★★
7.猫背の虎 動乱始末(真保裕一)★★★☆
8.サファイア(湊かなえ)★★★★
9.ここはボツコニアン(宮部みゆき)
10.みをつくし献立帖(髙田郁)★★★★★
11.タダイマトビラ(村田沙耶香)★★
12.第五番(久坂部羊)★★★☆
13.左京区七夕通東入ル(瀧羽麻子)★★★★
14.無菌病棟から愛をこめて(加納朋子)★★★★★
15.花嫁(青山七恵)★★★
16.キサトア(小路幸也)★★★★




5月は16冊。5つ★は2冊。
2012年合計 88冊。月平均は変わらず18冊。四捨五入してだから、ギリギリ18冊って感じだけどね(笑)

あんまり読めなかったなぁ・・・。本当はね、もう1冊は読める予定だったんだけど、これがまたかなりてこずりまして;;;短編集だったんだけど、なかなか読み進められなかったんですよねー。ちょっと残念でした。

そして、5つ★がどちらも小説じゃないって言うのがアレなんだけども。以前、別所で★を付けてた時だったら、★の数はもっと増えてたと思う。ちょっと私的基準を厳しくしてみたので、★5つは随分と減りました。厳しくした理由は…単に年間のベスト10を絞りやすくする為っていう、それだけでーす(笑)

この機会にだいたいの基準をまとめとこうかな。自分の為にも(え。)
★5つ「大絶賛!睡眠時間を削ってまで一気読み。文庫になったら(笑)買う!」
★4つ「面白かった!良かったっ!」
★3つ「普通。まぁ、面白かった。」
★2つ「う~ん、イマイチ」
★1つ「ダメ;;;」

こんな感じ・・・かな。って、まとめた私もイマイチあいまいだったりするんだけど^^;ま、だいたいこんな感じだけど、最後は感覚で、ってことで~(笑)


5月に読んだ主な漫画は以下。

◆漫画版「図書館戦争」(弓きいろ)


Amazonアソシエイト by 図書館戦争 LOVE&WAR 9 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



手塚兄からの王子様暴露の手紙を受け取った郁は・・・というところから、鞠江ちゃん痴漢事件、手塚が苦労した昇任試験などなど。相変わらず、とっても楽しめた♪
弓さんの漫画版は原作にかなり忠実だし絵も好きな感じなので、新刊がとぉーーっても待ち遠しいんですよね~。「彩雲国物語」のように途中で終わらず、原作の最後まで描いてもらえますよーに!


◆おひとりさまの京都ひとり旅(フカザワナオコ)


Amazonアソシエイト by おひとりさまの京都ひとり旅~女ひとりだからこそ面白い~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これって、漫画に入るのかわかんないんだけど^^;タイトルに惹かれて、図書館で手に取ってしまった。
読んでたら、京都に行きたくなって困った(笑)京都は10年くらい前に行ったことあるんだけど、その時に行けなかった場所を満喫したいなぁ・・・と、そんな気持ちが湧いてきちゃいました。てか、京都じゃなくてもいいから旅に出たいよーぅ!熱がむくむくと沸いてきて・・・;;;今年は大人しくしとくつもりなんだけどなぁ・・・。秋の「現実逃避の旅」に絡めて、ちょっとお出掛けしちゃおうかなぁ。


あとですね、原作本が好きだった映画が2本、TVにて放映されました。

◆阪急電車(原作:有川浩)

阪急電車 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2010-08-05
有川 浩

Amazonアソシエイト by 阪急電車 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



映画館で観たって言うのに、TVでもしっかり観た。それも、録画までしちゃった(笑)・・・んだけど、すっごぉーく楽しみしていたエンディングの「生」の字の部分がカットされてて;;;本編じゃないんだけど、これはすーーーっごく残念でした。あそこだけでも流して欲しかったなぁ・・・。
大好きな作品の映像化はあまり歓迎しないんだけど、この作品はそこまでガッカリ;;;はしなかったので良かった。なんと言っても、中谷さんの演技が絶品で素晴しかったです♪
でーも!やっぱり幾つか残念な部分もあって。原作では大爆笑した(てか、再読しても大爆笑する)「糸に月」の場面で笑えないのが、どうも居心地悪いんだよねー。どうして映像では笑えないんだろう;;;そして、「券売機でモラルは売ってない~」ってセリフがカットされてるのも残念ですね。まぁ、それを言ったカップル自体が映画では登場してないんだけどね;;;


◆プリンセス・トヨトミ(原作:万城目学)

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
文藝春秋
2011-04-08
万城目 学

Amazonアソシエイト by プリンセス・トヨトミ (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これも、なかなか楽しめた。
しかーし!ラスト手前でうっかり寝ちゃって;;;映画版のラストはどんな感じになってるのか、いまだに分からずじまいだったりします。ま、そんなこともあろうかと録画はしてあるので、そのうち観なきゃ!と思ってるんだけど、その「そのうち・・・」ってのがいつになるかは神のみぞ知る、です^^;


読書以外では、今月は何と言っても恒例の「現実逃避の旅」ですね。
だいたい5月と11月or12月の年に2回ペースの理性を吹っ飛ばす旅(爆)半年ぶりや1年半ぶりの再会もあって楽しかった~♪いつものことだけど、「いろいろあるけど、がんばろっ!」と思って帰れるのがいい。半年分の元気をチャージ出来ました。心配していた秋のお約束もちゃんと出来たし◎
今回は、この旅に絡めて「おひとり様旅」はしなかったんだけど、代わりに以前から観たい!と思っていた「ラ・マンチャの男」を観劇。右寄りだったけど5列目という良席にも恵まれまして、とっても楽しめました♪なんと言っても、松たか子さんがすっごかった!目が離せませんでした。

そして、やっぱりやっちゃったのが旅先での本の衝動買い^^;
↓2冊をお買い上げ。

・ブルースカイ(桜庭一樹)
・第2図書係補佐(又吉直樹)

ま、今回は2冊だけだから少なかったと言えば少なかったんだけどね。それにしても、これ、いつ読む気なんでしょうね、私は^^;6月は利用している図書館が2館とも蔵書整理期間に入るから(時期はそれぞれずれてるけど)、その時かなぁ・・・と思いつつ、その前に職場の人に借りて積んであるやつを先に読まねば!だし…。ま、なんとか早目に読もうっと。
でもさ~、わざわざ旅先で荷物を増やさなくってもいいのにね。…って、他人事のようにつぶやいてみる(笑)


(2012.06.07)


この記事へのコメント

2012年06月12日 12:37
以前は1泊で3冊とか持ち歩いている上に本屋さんに立ち寄ってしまうおばかさんでした。あれもこれも旅のマジック。笑
阪急電車もプリンセス・トヨトミも、決め台詞はいじらないでほしかったけど、映像ならではって部分もありますもんねぇ。トヨトミのあのラストのラストは好きですよ。
すずな
2012年06月13日 12:35
>香桑ちゃん
私も以前は3冊くらい持って行ってた^^;最近は学習して1冊だけ持っていく。足りない時は現地調達でいいしねー。…で、うっかり買いすぎるんだよね。旅マジックの恐ろしさ(笑)
トヨトミのラストは良かったんだね~。早目に見よう。。。