レディ・マドンナ 東京バンドワゴン(小路幸也)

「東京バンドワゴン」シリーズ7作目。

うわー、7作目ですよっ!このシリーズも息の長ぁ~いシリーズになりましたねぇ。私は単行本を図書館で借りて読んで、文庫が出たら購入してるんですが、文庫を手にする度に「1作目から再読しなくちゃ!」と思いつつ、それが出来ないまま次の文庫本を手にするということを繰り返しています;;;順調に巻を重ねてるシリーズなので、だんだんと再読するのが大変になってきてるんだけど。そんな訳で、ますます再読から遠のいてるんですが、この7作目が文庫化されるまでには再読したいなぁ。・・・と、希望はあるものの、既に「無理!」と心の呟きが聞こえてきたような気がします(笑)

シリーズ1作目はミステリ色が強かったような気がするんですが、そこはだんだんと薄まってきているような気が・・・。まぁ、ミステリ色が全く無いって訳ではないんですけどね。でも、だからと言って、それが魅力を減らしているということはなく、作を重ねる毎に味のある素敵なお話になっていると感じます。

ということで、シリーズ7作目のこの巻も、「LOVE」の溢れる素敵な作品でした。特に今回は、章毎に涙腺を刺激されまくって、何かっちゃ~ウルウルとしてたような気が・・・;;;涙腺の弱い私は、こういうお話で「泣くな!」って言う方が無理な話でして(笑)まぁ、そこはもうね、お約束って感じでしょうか。だってさ~、作品から溢れ出る「LOVE」が、もうね、堪らないんですもん。しょうがありません。特に青が池沢さんに思いを伝えたシーンでは、ぶわわっときました。出来ない事は出来ないけれど、それでも、池沢さんに対する「LOVE」が伝わってきて・・・。鈴花ちゃんの「おばあちゃん」が、とっても楽しみです。

そして、相変わらずの堀田家の朝食シーン。賑やかで良いですよね~。これは誰の発言で、これは誰で・・・と、想像していくのが楽しい。そして、勘一の珍妙なトッピング技?は相変わらず健在でした(笑)「えっ!?」と思いつつ、今度ちょっとやってみようかなぁ・・・と思わせる、その絶妙な加減が本当に素晴らしい!・・・でも、本当にチャレンジするかどうかは分かりませんが(笑)

1冊で1年を描くシリーズなので、子供たちの成長振りが読めるのも良いですね。小学生だった花陽ちゃんが、とうとう高校生になっちゃいましたよ!いよいよオトナな恋愛とかしちゃったりもするのかしら・・・。と、おばちゃんは期待してるんですが、医者を目指してお勉強が忙しそうですねぇ。まぁ、花陽ちゃんには「ふじしまん」(←気に入った!笑)がいるからね!もうちょっとオトナになってからでも大丈夫だよね。・・・って、勝手に藤島さんとのあれこれを想像して悦に入ってたりもしてますが(笑)どうなるんでしょうねー。楽しみです。

そして、大人しかった研人はすっかりロック少年になっちゃって!先輩を殴っちゃったりと驚きの連続でした。まぁ、殴った理由ってのには「そりゃ~怒るよ」と納得だったんだけど。そうそう!その時に亜美さんの過去の一端が垣間見れて、そっちの方がビックリでした!亜美さんと紺の出逢いやら何やらという、そこら辺のお話も読みたいな~と思いました。いつか書いてもらえないかなぁ・・・。

お約束みたいになってきた最後の「結婚」は、もうね、本当に意外なカップルでして。途中、「まさか、ふじしまんっ!?」と思った記述もあって、ちょっとドキドキしたんですが、違っててホッとしましした~。誰の結婚になるのかなぁ・・・と想像してたんですが、そこがきたのかっ!と驚きのカップル誕生でした。小路さんもそろそろネタ切れ?とか、ちょっとイジワルな事を思ったりもして(笑)まぁ、ラストを「結婚」に拘らなくてもいいから、このシリーズは、これからもずーーーっと続いて欲しいものです。で、いつか、花陽ちゃんとふじしまんの結婚式とかあったら、とっても嬉しかったりするんだけど・・・って、シツコイですねぇ(苦笑)

次はやっぱり1年後でしょうか。次作では、堀田家にどんな事が起こるのか、ドキドキワクワクしながら待ちたいと思います。
はぁ~;;;読んだばっかりなのに、次が待ち遠しくて仕方なーい!



(2012.06.17読了)




Amazonアソシエイト by レディ・マドンナ 東京バンドワゴン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2012年06月23日 10:18
こんにちは^^
本当に、みんなどんどん大きくなりますよね。
今回1番ショックだったのは研人君が「俺」とか「親父」と言っていたことです^^;気分は近所のおばちゃんです。
花陽も高校生ですもんね。恋愛もあるのか、勉学にいそしむのか。これからますます楽しみですね。毎回誰かが結婚しますけど、ふじしまんはもうちょっと待っていただきたいです^m^
すずな
2012年06月26日 12:52
>苗坊さん
分かります!研人の成長ぶりは嬉しいけれどショックも受けますよねぇ。すっかりおばちゃんですよね(笑)
花陽のこれからも楽しみですね!ふじしまんにはどうか花陽が成長するのを待っていただきたいものです…って、それこそ近所のおばちゃん状態ですけど(笑)

この記事へのトラックバック

  • レディ・マドンナ 小路幸也

    Excerpt: レディ・マドンナ 東京バンドワゴン著者:小路 幸也集英社(2012-04-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「冬 雪やこんこあなたに逢えた」 最近バンドワゴンに不思議な客が来る.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-06-23 10:16
  • 【レディ・マドンナ 東京バンドワゴン】(小路幸也)を読了!

    Excerpt: あいかわらず四季折々、いろんな問題が持ち込まれてくる堀田家。まぁ大所帯ですから当然と言えば当然なんですが・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】齢八十を越えてもな.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2012-08-24 19:57