おべんとうの時間(2)(写真:阿部了・文:阿部直美)

ANA機内誌「翼の王国」掲載のエッセイを纏めた「おべんとうの時間」第2弾。

阿部夫妻が全国各地を回って撮り溜めた39個の「おべんとう」と39人の物語。

じゅんさい採り・バス運転士・大道芸人・ネイチャーガイド・商社マン・船長、海士・クレープ移動販売・演技事務・土木作業員・自動車修理、歌手・音楽療法士・飼育技師・一級時計修理技能士・ガーデナー・相撲部マネージャーと監督・茶室接客員・図書館司書・プロレスラー・郵便配達員・グラウンドキーパー・塩造り職人・星空案内人・公民館館長・自動車学校教官・・・と、今回も様々な職業の方の個性溢れるおべんとうがすらーーーっと並んでいます。

そして、その中には、東日本大震災の被災地である田老の理容師さんや看護師さん達のおべんとうもありました。途中で挟まれるエッセイの中に、その取材時のエピソードが語られたものがあって、読んでいて思わず涙が・・・。大浴場の中で出会った老婦人のお話は胸に迫ってきたというかね、とっても心に沁みるものでした。

まずは、パラパラ~とページを繰って写真を眺めてみる。色んなおべんとうがあるよなぁ・・・。”似てるもの”ってのがない。不思議だよねー。小さな容器に詰められた1食分の食事。似たようなものになっても良さそうなのに、これがまぁ~どれもがそれぞれの個性を主張してるんですよね。そして、普段もこんな感じなんだろうな~と思わせるものから、明らかに取材の為に奥さんが頑張ったなぁ~と思えるもの(笑)まで様々。写真を見てるだけでも楽しい。

その写真に、訥々としゃべりそのままの文章がついていて、それがまた良いんですよね。そのおべんとうについて、おべんとうを食べる時間の過ごしかた、子供の頃のおべんとうの思い出、仕事の事、家族の事・・・。ひとつのおべんとうから、どこまでも話が広がっていく。興味深く読みました。

彩りってこともあるんでしょうが、おべんとうに入っている具では「卵焼き」の確率が高い。私のおべんとうでもそうなんだけど(笑)でも、一口に「卵焼き」と言っても、それがまぁいろんな卵焼きがあるんですよねー。シンプルなもの、海苔や野菜が入っているもの、お醤油味?と思わせる色合いのもの、などなど。卵焼きだけ見ていくっていう楽しみ方も出来た。ちなみに、私の大好きな卵焼きは「パセリ(みじん切り)入り」です。美味しいんだな、これが。見た目も鮮やかだしね。次は「カニかま」を巻き込んだり、ざくざく切ったりして混ぜ込んだものも好き。・・・って、私の卵焼きの好みの説明はいりませんよねー(笑)

阿部夫妻は娘さんを連れて取材に回られていて、その娘さんの成長振りも窺えるのも楽しみの一つ。ちょっと反抗期に入ってるらしい娘さんの姿を想像しては、ついつい顔が綻んでしまいました。


前作に続いてこちらも楽しませて貰いました。また、続編が出るといいなぁ・・・。



(2012.06.16読了)





Amazonアソシエイト by おべんとうの時間 2 (翼の王国books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2012年06月23日 00:04
こんばんは。
この本は本当に良いですよね!
一つ一つのお弁当を見ているだけで幸せな気分になります。それぞれ物語があるんですよね。
これからも続いて行ってほしいです。娘さんの成長も気になりますよね^^
すずな
2012年06月24日 07:55
>苗坊さん
この本を読むと気持ちがほっこりと幸せな気分になれますよね。
おべんとう一つに持ち主それぞれの物語が詰まってると感じさせる素敵な本ですね。
続編も読みたいですね!

この記事へのトラックバック

  • おべんとうの時間2 阿部了 阿部直美

    Excerpt: おべんとうの時間 2 (翼の王国books)著者:阿部 了木楽舎(2012-04-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ANA機内誌『翼の王国』人気No.1エッセイ待望の書籍化第2弾.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-06-23 00:03