Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS PK(伊坂幸太郎)

<<   作成日時 : 2012/05/08 05:49   >>

トラックバック 4 / コメント 6

中篇三部作。

あ〜伊坂さんだなぁと思える3作品でした。「未来三部作」って書いてあったから、近未来とか、それとも、ずーっと未来とかのお話なのかなと思って読み始めたんだけど、そういう意味ではなかったようで、最初はちょっと戸惑ったりもしたのでした。

・・・なんて言えばいいのか。実のところ、面白かったのか、面白くなかったのか、よく分からない1冊でした。イキオイでぱぁ〜っと読んじゃう私にとって、この作品の面白さを理解するのはちょっと難しいなぁ、って感じです。この作品は、1作ずつ吟味するようにじっくりと、そして、3作をまとめて一度に読んだ方がいいんでしょうね。銀行の待ち時間でちょこちょこ読んだり、睡魔に襲われて途切れ途切れに読んだり・・・な私には、理解するのにチト苦労するお話でした。

いや、お話自体はそんなに難しいものじゃないんですよ。1作ずつ読むと、それはそれで楽しめると思うし、実際に私も楽しめたし。でも、1冊の作品として考えると、3作の繋がりや登場人物の関係がすんなり頭に入ってこないっていうか・・・;;;時間軸と登場人物の関係がぐちゃぐちゃごちゃごちゃと頭の中で整理できないままで、読みながら整理しようとすると、どこから手をつけていいやら途方に暮れる・・・みたいな、そんな印象なんですよね。なので、読んでる途中にそれらを考えるのはスッパリ諦めました(笑)

で、読了後に改めてあれこれ考えて、作家さんと政治家、彼らの両親、毬夫、そして小津と宇野とかね、そこら辺の関係とか時間軸は、おおよそ理解出来たんじゃないかとは思うんですけど。思うんですけど、「これで合ってる?」と誰かと答えあわせをしたいような気分なんですよねー(笑)あまり自信はありませーん;;;


3部作に共通する裏テーマは「勇気」なのかなと思ったんですが。これは、伊坂作品のどれにも根底に流れるものだと思ってるんですけど、今作はそれが前面に押し出されているという印象を受けました。強制しようとする力に、流されるのか、流されないのか。対抗する勇気を持てるのか。自分の意志を貫けるのか。「臆病は伝染する、そして、勇気も伝染する」という言葉が印象的でした。

そうそう!この作品を読む前にエッセイ集「仙台ぐらし」を読んでいたので、登場する作家さんがアレコレと心配しまくる様子に、ついつい伊坂さん自身を重ね合わせてしまって思わず笑ってしまいました。個人的に、ちょっとツボでした〜(笑)


3作が「風が吹けば桶屋が儲かる」式に繋がっていて、ドミノ倒しのような連続性にワクワクしたりドキドキさせられたり。最初はサッカーの「PK」を巡るミステリーかなと思ってたら、いつの間にやらSFになっていて、超能力の「PK」ってことでもあったのか!という、驚きと楽しさも味わいました。

うん、面白かった!
・・・けど、今度、ゆっくりじっくり再読したいなぁと思いますです、はい。




(2012.05.01読了)




PK
講談社
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by PK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PK 伊坂幸太郎
PK著者:伊坂 幸太郎講談社(2012-03-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/05/08 12:27
伊坂幸太郎/「PK」/講談社刊
伊坂幸太郎さんの「PK」。 その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた 三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは―。未来三部作(紹介文抜粋)。 えーと、昨日記事全部書いて、確認ボタン押して記事確認しようとしたらフリーズしてしまい、 あまりのショックでふて寝をしたワタクシ。仕方がないので再度書きなおし・・・(ToT)。 最近全然やってなかったから、久しぶりに目の前が真っ暗になるあの茫然自失の気持ちを思い出した 次第であります・... ...続きを見る
ミステリ読書録
2012/05/09 22:39
『PK』/伊坂幸太郎 ○
伊坂幸太郎さんらしい作品だなぁ〜。 あちこちに張り巡らされる伏線と関係性、時系列も同時進行ではない物語が、…複雑でした(^_^;)。 読み終わって、タイトルの『PK』にもこんな意味があるんだ!とハッとしたりして、いやぁ…ちょっと疲れました(笑)。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2012/12/05 22:00
それは何なのか?
小説「PK」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2013/11/05 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
伊坂さんらしい作品でしたね^^
人のリンクというか繋がっている部分が流石だと思いました。
私も面白かったと思えるのですがちゃんと理解できているんだろうかというと怪しいので^^;再読できたらしたいなと思います。
苗坊
2012/05/08 12:28
>苗坊さん
あ〜伊坂さんの本を読んでるんだなぁと思いながら読みました。震災後の心配があったので、それだけで嬉しかったです〜♪
面白かったんですけどねー。いろいろと絡み合ってて読んでて頭の中を整理できないっていうか、難しかったですね^^;
私も再読したいなぁと思うんですが、いつのになるのやら;;;
すずな
2012/05/09 12:39
確かに、細切れに読むと余計に三作の繋がりがわかりにくいかもしれないですね^^;私も、最初読んだ時は誰と誰が繋がって・・・とかあんまり考えてなかったです^^;
『仙台ぐらし』と併せて読んだ方が良いって聞いてはいるのですが、未だに読めてません(買って手元にはあるのですが^^;)。やっぱり、あの心配性の作家さんは伊坂さんご自身が反映されてるんですね〜(苦笑)。
べる
2012/05/09 22:42
>べるさん
そうなんですよー!細切れに読んだのも敗因(笑)のひとつだと思います;;;
「仙台ぐらし」を購入されたんですねー!羨ましいです!私は入手出来なくって;;;
心配性の作家さんのくだりでは伊坂さんのエッセイ文を思い出してニマニマしちゃいました(笑)是非是非、早目に読んでみてくださーい。
すずな
2012/05/10 12:48
すずなさん、こんばんは(^^)。
伊坂さんらしい、色んな関係性とフェイクとトリックに満ちた作品でしたね。
ただ、私のアタマがついて行けてなかった〜(^_^;)。
「風が吹けば〜」は、私も思いました(笑)。
水無月・R
URL
2012/12/05 22:10
>水無月・Rさん
伊坂さんらしい作品でしたね〜。でも、私のアタマもついていけなかったです^^;入り組んでいて理解するのが大変でした。
「風が吹けば〜」でしたよね〜(笑)
すずな
2012/12/06 12:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PK(伊坂幸太郎) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる