彩雲国秘抄 骸骨を乞う(雪乃紗衣)

彩雲国物語」シリーズのスピンオフ連作短編集。

角川ビーンズ文庫から出ていたシリーズのスピンオフ集。スピンオフなのに、なんで単行本で出るんだ~?と不思議に思いながら読んだんですが、読んで納得。さすがに、これを”ラノベ”としては出せないよなぁ。

このシリーズは最初の巻からは想像も出来ないような、ラストを迎えたお話だったんですよね。「女の子が頑張るお話」という部分は、確かに最後まで残ってたとは思うけれど、最初の頃のドタバタと明るく、スカっとするような清々しさは「どこへ行っちゃったのーっ」と叫びたくなるくらいだった。確かに、巻を重ねる毎に、深みが出てきて読み応えが増したシリーズではあったんですよ。そういう意味では面白かったんだけど、逆に言うと、お手軽感が全く無くなって、さらっと読めなくなってたんですよね。きゃぁきゃぁと登場人物達に萌えまくって読んでた頃が懐かしい・・・と、最後はそんなことを思いながら読むような作品になってました。

あ、だからといって、それが不満だった訳ではないんですよ!”ラノベ”からは段々と離れていくごとに、”重み”みたいなものが出てきて、また違った面白さが増してきたのは事実なんですから。まぁ、登場人物が増えて物語が複雑になった分、新刊が出る度に「これ誰だっけ?」とか、「前巻までのお話ってどんな感じだっけ?」となってしまって、記憶力の弱い私は大変だったてのはあるんだけどね(笑)でも、すーーーっごく楽しめたし、最後まで夢中になって読みました。

ということで、なんだか前置きが長ぁーくなってしまったけれど、この作品集はあのラストの後の物語。シリーズ後半から、ぐぐっと存在感を増したおじさま達を描いてある。・・・って、ちょっと失礼な言い草ですな(笑)

悠舜、旺季、晏樹が、それぞれをどんな思いで見つめ、どんな思いを抱えてそれぞれの傍にいたのか。そして、彼らがどんな思いを抱えて劉輝の傍にいたのか、見ていたのか。そんな彼らを、劉輝がどう思っていたのか。ずんずんと重苦しく、しみじみと切ないお話でした。でも、本編でイマイチすっきりしなかった部分が、ストンと腑に落ちたような、そんな気持ちになりました。このお話を読めて良かった。

そして、劉輝と秀麗のその後。秀麗の晩年と呼べばいいのか。思わず泣いちゃったよー。・・・て、その前の3編でも泣いてたんだけどさ;;;「あの人がここで繋がるのかーっ!?」という、かなり驚愕の事実もあったんだけど、ちょっとホッと優しい気持ちになれるお話でした。もちろん、寂しく哀しいお話でもあるんだけどね。でも、その前の3編があったからこそ、余計に「劉輝、良かったね」と思えたんだよね。静蘭贔屓の私としては、チト不満ってのも無きにしも非ずなんだけどさ(笑)

そして、仙。これは、私的には「おまけ」的作品かな。でもね、これ読んだら、シリーズを再読したくなっちゃったよ;;;

んで、最後にこれが本当のおまけかなーの、悪夢の国試組を描いた物語。笑えるお話かと思いきや、これもなかなか重いお話でした。でも、この作品集の中では、一番、シリーズ初期の頃の雰囲気に近いお話かな。なんかね、このお話を読んだら、ちょっと加筆修正をしているという角川文庫版の方を読みたくなってきたり。まだ出始めだから、今からなら順番に購入していけば・・・は、いかん、いかーん(笑)


え~気を取り直して。

どれもこれもが表紙の雰囲気そのままに重々しく切ないお話ではあったんだけど、一気読みしちゃうくらいのめり込んで夢中で読みました。面白かった。


・・・んだけどねー!だけどっ!おじさま達ばっかりにスポットが当たって、若者達はどうなってるのよーっ!と、言いたくなったりもする。本編後半で、すーーっかり存在感をなくしていた若者3人ですが、このスピンオフでも同じ扱いで;;;劉輝の治世の初期の頃のお話だからしょうがないのかもしれないんだけど、この扱いはあまりにも酷すぎるような・・・。まぁ、「氷の心臓」で、多少の挽回は見られたものの、ほとんど登場もさせず、成長もさせずに放置。これって、どうなのーっ、とブーイングのひとつもあげたいってもんですよ。できれば、彼らの成長ぶりが窺えるような、大人になった3人に会いたかったなぁ・・・。そして、「きゃぁぁぁーっ、静蘭っ!せいらーんっ!」と、シリーズ最初の頃のように萌えまくりたかったなぁ・・・。

と、ちょっぴり寂しく、不満の残る作品でもありました。




・雪の骨-悠舜-
・霜の躯-旺季-
・北風の仮面-晏樹-
・氷の心臓-劉輝-
・風花-仙-
・運命が出会う夜-悪夢の国試組-




(2012.04.29読了)




彩雲国秘抄 骸骨を乞う
角川書店(角川グループパブリッシング)
雪乃 紗衣

Amazonアソシエイト by 彩雲国秘抄  骸骨を乞う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2012年05月06日 21:53
品切れに次ぐ品切れで、密林に頼んだまま、まだ入手できていない本です。
だから、本書を読み終わるまで、すずなちゃんの記事も読まないでおきます。
早く届かないかなぁ。
すずな
2012年05月07日 12:59
>香桑ちゃん
品切れーっ!?そうなんだ!ちょっとびっくり^^;
じゃぁ、図書館が頑張ってくれたんだねぇ(笑)シリーズ本編後半の暗さを引きずったような作品だった。まぁ、私は好きだったけどね。
2012年06月10日 23:01
やっと手に入れて、やっと読み終えました!
もう泣いたーっ。むちゃくちゃ泣いたーっ。
劉輝と秀麗の日々が泣きすぎて途中でやめられなくて、夜中3時ぐらいにぐしぐし泣いて、翌日、ひどい顔で出勤しましたもの。
どれもたまらなく切なくて、重くて、悔しくて、悲しくて、でも、綺麗な日々。
あともう一冊、シリーズが出るようですから、それでは静蘭の株があがっているといいね。
すずな
2012年06月11日 12:52
>香桑ちゃん
やっぱ、泣いちゃうよねぇ;;;
必死で生きてきた彼らに、切なさとかいろいろぐちゃぐちゃになりながら読んだ1冊でした。特に、劉輝と秀麗の章は…キタね。
もう1冊出るんだっ!?うわー、今度はもうちょっと明るめのお話がいいなぁ…。静蘭の株はもちろん上げて欲しいもんです。ちょっとだけでいいから(笑)

この記事へのトラックバック

  • 彩雲国秘抄:骸骨を乞う

    Excerpt: 雪乃紗衣 2012 角川書店 一人ずつ去っていく。中年期以降の人生の課題である。見送ること。置いて行かれること。老いていくことは置いていくことになる。最後に自分自身もまた逝くからだ。 彩雲国物語を読ん.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2012-06-10 22:56