◆2012年3月の読書

ようやく3月に読んだ分の記事UPが終わりました~。

すでに4月は10日以上が過ぎちゃってるという、なんともお間抜けな感じなんだけど(笑)ま、やっぱりね~と笑って流してやってくださいまし。実は、3月末にフィギュアスケートの世界選手権が行われまして、その週は毎日、夜中までTVに噛り付いてたんですよね。で、当然ながら朝の起床時間が普段よりも遅くなって、PCに向かう時間が減った分、更新が遅れてしまったという次第。
#基本、PCに向かうのは朝なので。

ということで、言い訳が長くなりましたが(笑)、3月の読書のまとめです。

1.てのひらの父(大沼紀子)★★★★
2.プリティが多すぎる(大崎梢)★★★★
3.人質の朗読会(小川洋子)★★
4.鷹のように帆をあげて(まはら三桃)★★★
5.フラミンゴの村(澤西祐典)★★★
6.ピンクとグレー(加藤シゲアキ)★★☆
7.サラの柔らかな香車(橋本長道)★★★★
8.歪笑小説(東野圭吾)★★★★
9.怪談(柳広司)★★★★★
10.文芸あねもね(アンソロジー)★★★★
11.幸せになる百通りの方法(荻原浩)★★★★
12.作家の放課後(yomyom編集部編:アンソロジー)★★
13.決起! コロヨシ!!2(三崎亜記)★★★★
14.嘆きの美女(柚木麻子)★★★★
15.あたし、ちょっとマシーン(清瀬マオ)★★★★
16.ゆうれいのまち(恒川光太郎)★★★
17.夏天の虹 みをつくし料理帖(髙田郁)★★★★★
18.冬姫(葉室麟)★★★★
19.クロス・ファイヤー(柴田よしき)★★★
20.三匹のおっさん ふたたび(有川浩)★★★★★
21.ロバート キャンベルの小説家神髄 現代作家6人との対話(ロバート キャンベル)★★★


3月は20冊。5つ★は3冊。
2012年合計 55冊。月平均18冊。

20冊。うん、ひと月にこのくらい読むとストレスがなくって精神的に良い感じです。2月が少なかったので、ちょっとね、「ほーんがーよみたいぃぃ!かーつーじぃーーー!!」と体中からなにやら発散してたような感じだったもんな(苦笑)



小説以外では、たかぎなおこさんの著書で、読みそびれてたヤツをやーーっと読めました。実は「マラソン二年生」を先に読んじゃってたりまします(笑)

◆マラソン一年生(たかぎなおこ)

マラソン1年生
メディアファクトリー
たかぎ なおこ

Amazonアソシエイト by マラソン1年生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これ読むと、走りたくなっちゃいますね~。てか、普段、ほとんど運動しない、インドア派な私でもうっかり乗せられてシューズやらホントに買いに走っちゃいそうです(笑)でも、ホントにちょっと走ろうかな、と思ってたりもするんだけどね。もちろん、週一でヨガ教室に通う以外、全く運動してない私は走るよりもまずはウォーキングとかから始めなきゃいけないんだけど。

あと、単行本で読んでた分の文庫発売で購入。ぱらぱら~と読んだので記事にしなかった本。
◆三匹のおっさん(有川浩)

三匹のおっさん (文春文庫)
文藝春秋
2012-03-09
有川 浩

Amazonアソシエイト by 三匹のおっさん (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



著者あとがきが児玉清さんへの追悼文になってて、思わず泣けたー!
その児玉清さんがラジオで「三匹のおっさん」について語ったものが文章となって掲載されていました。児玉さんのこの作品への愛が溢れてて、読みながらニマニマしてしまいました。

そうそう!
その有川浩さんの新刊本についてですが、なーんと合同キャンペーンの告知がありました!
3月「三匹のおっさん ふたたび」(文藝春秋)、刊行予定の7月「空飛ぶ広報室」(幻冬舎)、11月「旅猫リポート」(文藝春秋)の3冊購入者50名に「特別カバー版3冊セット」が当たる!というもの。他にも舞台化が決定した「旅猫リポート」の観劇チケットも当たっちゃうんだそう。
これの何が凄いって出版社が違うってこと。2社合同でのキャンペーンってのに「そんなこと出来るんだ!?」とビックリでした。でも、裏返せばね、そこまでしても「本を売りたい」「買って欲しい」ってことなんでしょうかー。とかね、大人の事情みたいなものも感じ取れてしまったりもするんですけどね。
ま、私はそんなキャンペーンがなくっても購入予定なので関係ないんですけど(笑)



んで、読書以外ではというと・・・何があったかなぁ(笑)

ま、最初にも触れてますが、フィギュアスケート世界選手権かなぁ。毎日、TVに噛り付いて、大興奮しながら観戦しておりました。何と言っても、日本選手たちの活躍っぷりが凄かった。史上初のペアでの表彰台に、男子ではこれまた史上初の表彰台に2名という快挙!鈴木さんは最年長表彰台で、羽生くんは最年少表彰台でもありました。
外国の選手ではなんといっても、フランスのジュベール!ずーーっと4回転を跳び続けてきた彼が、自国開催のワールドで4回転を決めたというのが本当に嬉しかった。他にも特に男子フリーはレベルの高い戦いでして。とーーっても見応えがありました!

真央ちゃんはすごーく残念だったけど、今季はいろいろあったもんなぁ…。それでも、台乗りしなかったのは世界選手権だけなんですからねぇ。凄いことですよ、うん。ゆっくり休んで、来季また、うっとりと魅入っちゃうような演技が観れることを願いたいです。残念と言えば、小塚くんも同様。「どうしちゃったの!?」ってくらいジャンプが不調でしたね;;;でも、ナウシカ曲を使ったフリーのステップでは、ぞわぞわぞわわぁぁっときましたよ!4月19日から始まる国別対抗戦では是非ともリベンジをして欲しいでものす。完成版のナウシカが観たい!!
そして、何と言っても羽生くんがねーっ!彼のフリーのプログラム「ロミオとジュリエット」は夏にアイスショーで観たときから大好きなプログラムで、毎回、試合の度に楽しみに観てたんですが、世界選手権という大きな舞台でやってくれましたねー!TVの前で大興奮してスタオベしちゃいましたよ!

…と、フィギュアについて語り出すと、長ぁ~~~~くなりそうなので、この辺でやめときます(笑)


そんなこんなで、3月は睡魔にも負けず読書が進んで良かったな、と。4月は・・・既にびみょーな感じですが(笑)来週末にはフィギュアスケートの国別対抗戦もあるしね。でも、「春眠…」とならないよう、ストレス溜めないくらいには本を読めるといいな、と思います。


(2012.04.13)


この記事へのコメント

piku.chibiの母
2012年04月14日 11:15
お久しぶりです。(^_^)
いつもお邪魔してはいるのですが、いつも読み逃げです。(^^;)
いつもながらすずなさんの読書量には敬服です。(私が少ないのかな?)すずなさんのブログを拝見し、興味も持った本を図書館で借りて読んでいますよ。(^_^)/
有川浩さんの本屋大賞辞退には、私も少なからず怒りを覚えました。
又、こういう事をお話ししたいですね(^_^)/~
すずな
2012年04月14日 13:30
>piku.chibiの母さん
ご無沙汰してまーす^^;;;
ご訪問&コメントありがとうございます♪
いやいや。他にすることがないだけです(笑)いつもながら、嬉しいお言葉ありがとうございます!最近ではどの作品がヒットだったんでしょうか~。また、教えてくださいね。
有川さんの本屋大賞辞退は、ホントに悔しい&悲しい出来事でしたね。こんなことが2度と起きないことを祈るのみです。
…なんだかんだ言いつつ、なかなかご連絡ができませんね^^;すみません。。。