クロス・ファイヤー(柴田よしき)

プロ野球チームに女性選手が誕生。投手として東京レオパーズに所属する栞は同僚の女性投手と励ましあいながら奮闘しているが・・・。


実はもっと「野球一筋!」みたいなスポ根ものだと思って読み始めました。ところが、野球に一所懸命なのはもちろんではあるんですが、恋愛や友情でもいろいろあったりと、そこまで「野球一筋!」って感じではなかったんですよね。正直、「あれぇ?」って気持ちが無かったとは言えませんが、まぁ、野球選手だって人間ですからね。”野球だけ”って訳にはいかないでしょうねー。ということで、そういう意味では、思ってたよりも手軽に読めたって感じかな。

ということで、言ってしまえば「男性社会」のようなプロ野球界の中で奮闘する女性投手の苦悩や葛藤・・・というものを期待して読むと、ちょっと肩透かし感を感じないでもないかなぁと思いました。もちろん、そういう部分も描かれてはいましたが、思ってたよりもサラリと描いてあったなぁという印象。TVドラマの主人公の職業が野球選手だという設定・・・と言えば、しっくりくるかなぁ・・・。まぁ、共感も持ちやすかったし、読みやすかったので良しって感じではあるんですけどね。

でも、もっともっとドロドロとした感情が渦巻き、プロとしてのプライドや駆け引きが跋扈する世界を期待して読むと、期待ハズレ、な感を持ってしまうのは否めない。もちろん、そういう部分も描いてはあるけれど、そこまで重くない。女性選手としての葛藤や女性選手同士の感情のぶつかり合いみたいなものが、もうちょっと描かれていれば良かったなぁと思ってしまいました。うわぁ;;;と思いつつ、”ドロドロ”な人間関係・・・って、結構好きなんですよね~(笑)

そして、ラスト!秘密の特訓を始めたんだけど、その結果はどうだったのーっ!?という置き去り感が・・・。まぁ、これはこれでいいんだけど、もうちょっと、ほんのちょっと先の展開まで読みたかったなぁ・・・と思ってしまいました。なんかね、「つづく」って文字がどこかにあるんじゃないかと探してしまいそうな、続編でも出そうなラストでした。そういう意味ではちょっと消化不良かな。


ということで、そこそこは楽しめたけれども、思ってたよりは重厚さに欠けて、ちょっと物足りなさも感じてしまった、そんな作品でした。


(2012.03.28読了)



クロス・ファイヤー
徳間書店
柴田よしき

Amazonアソシエイト by クロス・ファイヤー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック