冬姫(葉室麟)

織田信長の長女である冬姫の物語。

歴史好きではありますが、この作品を読んで初めて信長の長女が「冬姫」という名前であること、そして、蒲生氏郷に嫁いだということを知りました;;;信長や秀吉、そして家康と、有名どころを中心に男性に関してはそこそこ知識はあるけれど、女性で、妻ではなく娘となると、ほんのちょっぴりしか知らないんだな~と自分の知識の浅さを改めて感じたのでした。

葉室麟さんといえば、私の中ではかなり重厚で読み応えのある作品を書かれる作家さんというイメージが強いんですが、今作に関しては重厚さというのはそこまでなかったかな。女性が主人公ということだからなのか、比較的、読みやすくって、さくさく読めた印象。昨年の某大河ドラマ「江」と似てるかな~と思いました。なので、歴史好きな方にとっては、ちょっと物足りなさとかね、そういうものを感じるかもしれません。私も某大河ドラマは「大河ドラマじゃなくて民放の恋愛ドラマを見てるみたい;;;」と思いながら視聴してたので、そういう意味では物足りなさも感じた部分もありました。

でーも!そこはね、私も女性ですから(笑)普通の恋愛小説とか、冒険(ちょっとニュアンスが違うけど)小説みたいなもんと思って読めば、戦国物の中では気軽に読めて面白かったと思います。信長の娘として産まれた女性の波乱万丈の物語という感じで、なんといっても、主人公の冬姫が魅力的に描かれていて、たちまち魅了されましたし。

それにしても、男性が主役の戦国時代を武将の娘として、そして、妻として生きていくというのは、本当に大変なことだったろうなぁと改めて思いました。なかなか政治の場面には関われず、影で男性を支える。・・・上手く操るといえばそれまでだけど(笑)

そして、この作品で一番驚いたのが、冬姫の母は誰かという真相が明かされた時。まさに、えぇーっ!?と叫び声をあげたくなりました。さらりと「これこれこういう記述が残っている」ってことまで書き添えられていたりもして、「マジデスカっ!?」って感じでしたよー。実際に、そういう解釈もあるんでしょうか。それとも、そこまでが創作なんでしょうか。よく分かってないながら、ちょっとワクワクしたり。戦国時代を生きてきた人がいないので、実際はどうだったのかまだまだ分かってない部分も多いんでしょうからね。そういう意味でも楽しませてもらいました。

それにしても、茶々はどうして、あそこまで冬姫を憎んだんでしょうねぇ。気の強い女性というのが茶々の一般的な印象ではありますが、いとこ同士なのになぁと不思議でした。あの時代、血の繋がりってすっごく強かったというイメージがあっただけに、多少の違和感も感じてしまったのでした。まぁ、こういう展開はそれはそれで面白かったんですけどね。



(2012.03.26読了)




冬姫
集英社
葉室 麟

Amazonアソシエイト by 冬姫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック