ゆうれいのまち(恒川光太郎)

地元図書館のHPの新着図書で見かけてそっこー予約した。・・・んだけど、児童書だと思ってたんですよね~。だから「へ~恒川さんの児童書かぁ。なんかちょっと恐そうだけど、どんなんだろう。。。」とワクワクしながら図書館へ行ったんですが。なーんと!児童書ではあるんだけど、思いっきり「絵本」でした。薄く大きな本を出された時は、一瞬固まってしまいました。「今ここで読んで返却しましょうか?」なんて言葉が口をついて出そうになっちゃいました(笑)もちろん、家まで持ち帰って読みましたけどね。←当たり前!


真夜中に友だちに誘われて丘の向こうの”ゆうれいのまち”に出掛けたぼくは、ゆうれいに捕まってそこで暮らし始めた・・・という内容。

ぞくぞくっとして、恒川さんだな~と思えるホラーでした。てか、最後は結構、うっわぁぁ~~~~ぞぞぞぞーって感じでしたねぇ。かなり恐い結末でした。これって、子供向けだけど大丈夫なのかしら、なんてことも思ったり。でも、子供にこれが理解できるかしら?とも思ったり。どうなんでしょう。大人の、特に子供を持つ親にとっては堪らない気持ちになるお話だと思います。

夜、なかなか寝てくれない子供に「早く寝ないと・・・」って脅・・・もとい、言い聞かせるにはいいかもしれませんが、効果が強すぎるかもしれないなぁ・・・。


この絵本は「怪談えほん」というシリーズの1冊のようです。恒川さん以外に、宮部みゆきさん、京極夏彦さん、皆川博子さんが書かれてて、今後も刊行予定があるようです。宮部さんのも読んでみたいなぁ。


(2012.03.25読了)



ゆうれいのまち (怪談えほん4)
岩崎書店
恒川 光太郎

Amazonアソシエイト by ゆうれいのまち (怪談えほん4) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2012年04月05日 20:45
すずなさん、こんばんは(^^)。
恒川さんの絵本ですか~!
そ、それは怖そうですね・・・!
あのそこはかとな~い、郷愁を誘いつつじわじわ怖い感じ、絵本でも表現されてるんでしょうか、気になります。
そして多分、我が家のガサツな子供たちには、その怖さが理解できないような気がします(^_^;)。
図書館で借りてきて、読ませてみようかしら…。
でも、子供が「なにが怖いかわからない」って言うことの方が、私にとっては恐怖かもしれません~。
すずな
2012年04月06日 12:52
>水無月・Rさん
恒川さんが絵本なんてちょっとビックリですよね~。短いけれど恒川テイストは健在でした。まさに、じわじわと怖い感じでした。
ただ、子供にこの怖さが分かるのかしら…とちょっと心配になったり。って、子供を見くびり過ぎかもしれませんが^^;
是非、水無月・Rさんのお子様に読んでもらって感想をお聞きしたいです~。いやいや、きっとお母さんが恐怖を感じることはないと思いますよ~(^-^)
2012年07月17日 21:27
すずなさん、こんばんは(^^)。
読みました!そして「じわじわ怖いよぅ~」と(笑)。
絵も、不安をそそる感じでしたねぇ。
恒川さんの「異界」の絵本、堪能しました。

一応、ウチの次男は怖かったといっております(^^)。
ただ、私が誘導質問をしたせいかもしれないんですけど。
すずな
2012年07月18日 12:42
>水無月・Rさん
恒川さんらしくじわじわ怖かったですねぇ。絵本なので絵もかなりの効果を発揮してましたね。
息子さんにも恐怖が伝わったんですね~!

この記事へのトラックバック

  • 『ゆうれいのまち』/恒川光太郎 ○ (絵本)

    Excerpt: あの恒川光太郎さんが、絵本。 タイトルは『ゆうれいのまち』、へぇ~、どんな感じなんだろう。 岩崎書店の「怪談えほん」シリーズの中の1冊。怖いのかな?子供に分かるのかな? ・・・てなわけで、我が家.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2012-07-17 21:24