Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘆きの美女(柚木麻子)

<<   作成日時 : 2012/04/01 07:11   >>

トラックバック 1 / コメント 0

引きこもりの耶居子は、美人専用悩み相談サイト「嘆きの美女」に悪口ばかりを書き連ね、悪意の塊をぶつける日々を送っている。ところが、とある事件をきっかけに彼女達との同居生活が始まり・・・。


最初から思いっきりネタバレしてるような。。。
ということで、未読の方はご注意を!










えーーーっ、ここで終わるのーっ!?ち、ちょっとっ!バレンタイン、どうなったのーーーっ!?エンゼルパイはどうしたのーっ!

・・・と、本編よりも後日談のラストが気になってしょうがなーい(笑)だって、これは気になるでしょう。まぁ、確かにあれこれ想像する楽しみってのもあるけどさ。それはそれで楽しいけどさ!でーも!気になるもんは気になっちゃうよーぅ。

と、後日談はこれくらいにして、まずは本編(笑)


最近、ハマっている作家さんの3作目。「いいな。」と思った作家さんの既刊本が少ないと、実はちょっと嬉しい。だって、早めに気付けたのね、偉いぞアタシ!と思えるから(笑)これが、辻村さんや道尾さんみたいにハマッタ時には既刊本がずらずら並んでた;;;ってなると、「どうして今まで読まなかったのーっ!」と自分に思いっきりクレームを付けたくなるもんねぇ。ということで、柚木さんはあと新刊を1冊読めばコンプリートです(喜)


悪意を投げつけていた相手が小学校時代の親友だったという偶然には、ちょーっとご都合主義を感じないでもないけれど、これがなければ、そもそも話が進まないしねー。ということで、これには目を瞑ることにする(笑)・・・ちょっと甘い?

外見性格共に「ブス」な耶居子が、”揺るぎない自分”みたいな物を持ってて強さを感じるのに対して、美女達は揃いも揃ってコンプレックスの塊というか、ね。美女であるが故の悩みや葛藤を抱えていて、弱さ脆さを感じる人ばかり。耶居子の強烈な毒舌ぶりに圧倒され、「それはどうよ?」と思いつつも、ついつい喝采を送ったりしてしまったんですよね〜。逆に、美女達の悩みには「へーほーふーーーん。」と思ってしまった私は、しょせん・・・(苦笑)まぁ、でも、美女達は美女達なりに大変なんだな〜とは思いましたけどね。・・・私、ちょっと冷たいなぁ;;;

で、そんな美女たちと同居する羽目になった耶居子は、彼女たちと接するうちに、徐々に彼女達の良さに気付かされ、知らず知らずに心を開いていく。美女達に持っていた理不尽な怒りみたいなものが少しずつ解けていく様子が、読んでいて伝わってきました。そして、美女達も、そんな耶居子と接するうちに少しずつ変わっていく。そうやって、美女たちと心を通わせていったものの、とうとう耶居子の所業がバレてしまって・・・。

最後は、まぁ、なんとか大団円って感じでしょうか。最後まで耶居子の毒舌っぷりは健在だったけど(笑)

それにしても、とにかくジャンクフードが美味しそうでーっ!特にまーちゃんの為に作った、ちょっと大きめサイズの「コアラのマーチ」ってのが、ひっじょぉ〜〜に気になります。想像しちゃったら、かなり魅力的なんですもん。食べたくなって困りました(笑)あと、最後のゼリーのプールはねぇ。想像するとなかなかなんですが。ワクワクもしちゃうんですが。でも、これをユリエだけならまだしも、美女達全員に内緒で作るってのが、実際のところ可能なのか、と思うと・・・ね。ちょっとリアリティーに欠けるような気がしてしまいます。まぁ、そこは、お話ってことで・・・って、やっぱりちょっと甘いかな、私。。。

そうそう!その前に登場した「ラピュタのシチュー」なんだけど。これを読んだら、福岡のハイボール専門店で食べた「シータのタンシチュー」を思い出しちゃいました。美味しかったなぁ・・・。そのお店では他にも映画や小説に登場したお料理を再現していたり、ガンダムにちなんだハイボールがあったりして、かなり興奮したんですよねー。お店には本棚も設置してあって、お客さんが持ってきたり、逆に持ち帰ったりも出来るシステムにもなっていて、本好きにはちょっと堪らないお店でした。

・・・と、話が逸れてしまいましたが。

そして、後日談。
耶居子にも気の合う男性が現れて・・・。で、冒頭の叫びになっちゃうんですけど(笑)その前の「コストコの四十八人分のバースディ・ケーキ」も気になりますが、やっぱりなんと言っても「洗面器大の巨大エンゼルパイ」ですよ!想像しただけで、ワクワクしちゃうし、実際に見てみたいし、食べたくなっちゃいます!その折角作ったエンゼルパイを・・・。あぁ、勿体無い;;;←そこかっ!

この後、耶居子とヒガシがどうなったのか気になるところですが、きっとニマニマ出来る展開が待っていたに違いない!そう信じる事にします(笑)


(2012.03.24読了)




嘆きの美女
朝日新聞出版
柚木麻子

Amazonアソシエイト by 嘆きの美女 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
柚木麻子 『嘆きの美女』
JUGEMテーマ:読書感想文&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2015/11/08 05:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
嘆きの美女(柚木麻子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる