Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪談(柳広司)

<<   作成日時 : 2012/03/21 12:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

おーっ、ぞくぞくしたよー。面白かったーっ!

ラフカディオ・ハーンの「怪談」を、現代風に、そして柳広司風にアレンジしたミステリー短編集。

「怪談」なのに、何故「ミステリー」と謳ってるのかなと思いながら読んだんだけど、「あぁ、これはミステリーだわ!」と納得でした。

「雪おんな」や「ろくろ首」など、よく知られた怪談をアレンジ。読む前は「どうかなぁ・・・」と一抹の不安もあったんだけど、最初の「雪おんな」を読んだらそんな不安は一片に吹っ飛んでしまいました。その後は、もうね、一気読みですよ。現代風ということで、「怪談」というよりもミステリー仕立てになったみたい。で、「うわ、やっぱ人間が一番怖いよー!」な〜んてことを思ったところで、ラストの数行にヤラレる。

「うっひょぉ〜〜〜〜〜〜!」ですよ。ゾクゾクッとして、背筋をすーっと撫でられた感じ。現代風ミステリーなのに、最後の最後で「怪談」風な味付けが・・・。これがもうねー。恐いんだけどクセになるって感じで、このゾクゾク感が堪りませーん!でした。すーっかり魅了されちゃいました。

特に「ろくろ首」なんて、最後に「うわっ」と本を投げ出したくなっちゃいましたもん。・・・や、さすがに実際にはしなかったですけど。声は出たな、でも。あと、ゾクゾクもしたけど、それよりもグロさが強かったのが「食人鬼」ですね。タイトルからもある程度は想像出来るとは思うんですけど、これがまた・・・なかなかでした;;;こうやって打ちながらも、想像しちゃってちょっと胸が;;;

どれもこれもが、ミステリーなのにきちんと「怪談」になっていて、ゾクゾクッと肌が粟立つ感じがホントにクセになりそうでした。もっともっと読んでみたいと思いました。
・・・ま、かなり恐かったんだけどねー(笑)



・雪おんな
・ろくろ首
・むじな
・食人鬼
・鏡と鐘
・耳なし芳一


(2012.03.17読了)




怪談
光文社
柳 広司

Amazonアソシエイト by 怪談 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
怪談(柳広司) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる