歪笑小説(東野圭吾)

小説業界を描いた短編集。

面白かったーっ!

編集者、作家、作家を夢見る人、そして、作家の家族などなど。小説業界に関わる人々の悲喜交々が描いてある。それがまた、「こ、こまで書いていいのーっ!?」と悲鳴を上げたくなるくらいの暴露話が続いて・・・。あくまで「小説」だと分かっていても、てか、「小説」でここまでぶっちゃけていいのって気分になりました。読んでる方としては、色々と本音部分が見えたりして、興味深かったし、とーっても楽しめたんだけど(笑)

特に興味深かったのは、新しい賞を創設するにあたって、他の賞との兼ね合いとかね、あ~そんなことも考えなきゃいけないんだなぁと目から鱗でした。賞を受賞した作品を候補作に入れるってことは、確かにそういうことになるよなーと、ちょっと考えれば分かるようなことなんでしょうが、私はあまり考えた事がなかったので、すごく新鮮で面白かった。

あと、出版社を見学にきた子供たちの突っ込みが容赦なく厳しくって、編集者と一緒になってオタオタしちゃった(笑)いや、確かに正論なんだけど、出版社にも色々と事情があって・・・という、その事情も私は分かってなかったので、オタオタしつつ、「へ~そうなんだ!?」と思ってしまったりもしたんですけどね。てか、現役作家さんがこんなお話を書いていいの!?と、東野さんに突っ込みをいれたくなったりもして(笑)作家さんも大変だけど、編集者さんも、そして、出版業界も大変なんだな~と、そんなことを改めて感じたのでした。

編集者や作家さんの悲哀を描いてる部分もあるんだけど、そこは東野さんの筆力といいましょうか。いけないと思いつつ、思わず「ぶ。うはははは~~」と笑ってしまう事が多かったですねぇ。

読者としてチクチクと心の痛かった章もありました;;;基本、図書館派の私なので、あの章はなかなかグッサリきましたですよ。読みながら「す、すみませんっ!」と平謝りな気分でした。でも、でも!図書館から借りて読んだ本で気に入ったのは、文庫になった時にちゃんと購入してるんですよー!と、まぁ、ちょっとだけ自分を弁護してみたり(苦笑)


凝ってるな~と思ったのが、巻末広告まで創り込んであったところ。笑えた~!「唐傘ザンゲは○○賞獲ったのか!」とか、寒川さんまでっ!?とかね、色々とツッコミどころというか、ツボな部分が多かったです。

最後まで気を抜けない作りになっていて、小説はもちろんですが、色々と楽しめた作品でした。


(2012.03.15読了)




歪笑小説 (集英社文庫)
集英社
2012-01-20
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by 歪笑小説 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2012年03月22日 22:31
出版業界をネタにしたところが良かったですよね~。作家側、編集者側、読者側と、それぞれに視点を当てて、それぞれに共感出来るところがさすがだなーと思いました。
巻末ページの隅々まで凝っていて、細かい部分まで楽しめる作品でしたね!
すずな
2012年03月23日 12:27
>べるさん
そうそう!出版業界に関わる様々な人々の視点で書かれていて、そのどれもに共感出来たのが良かったですね。
巻末の凝り方が素晴しかったですよねー!思わず舐める様に読んでしまいました(笑)
苗坊
2012年04月14日 00:31
こんばんは^^
面白かったです~!!
東野さんが書く出版社の裏側!結構小説家の愚痴も書いてるけど・・・いいの?って思うところもありましたが^^;それが面白かったです。
ホント、編集者って大変そうですよね。
小説を読むのが好きだからっていう理由では本当に勤まらないと思います。
巻末も面白かったですね^^
すずな
2012年04月14日 12:56
>苗坊さん
そうそう!こっちが心配になるくらい、出版社の裏事情とか作家さんの愚痴とか書いてあって大丈夫なの?と思いましたけど、それがまた面白かったですよね~(笑)
編集者の苦労が伝わってきましたね^^;
巻末も凝ってて、隅々まで楽しめる作品でした。

2012年11月05日 22:36
すずなさん、こんばんは(^^)。
いやいや、ホントこんなにイロイロ書いちゃって大丈夫なの~!!って感じでしたね(笑)。
面白かったので、私的には全然問題ナシ!なんですけど♪
作家も編集も、その周りの人々も、飛び切りの変人ぞろいで、大変そうでした(^_^;)。
すずな
2012年11月06日 12:47
>水無月・Rさん
読んでる方としては面白かったんですが、こんなことまで書いちゃっていいの~?って心配になりましたよねぇ(笑)
ホント、変人ぞろいでしたね^^;
2012年11月08日 13:53
TB届きました~!
ありがとうございます。
しかしホントに、ウェブりブログはもうちょっと頑張ってほしいですよ…(^_^;)。
すずな
2012年11月09日 12:39
>水無月・Rさん
わざわざお知らせありがとうございます!無事にTBが届いて良かったです~♪

この記事へのトラックバック

  • 東野圭吾/「歪笑小説」/集英社文庫刊

    Excerpt: 東野圭吾さんの「歪笑小説」。 禁断の小説業界舞台裏を描く、東野笑劇場! 新米編集者が初接待ゴルフで知った、「伝説の編集者」の仕事ぶり。自作のドラマ化に舞い上がる 作家。担当編集者に恋心を抱.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2012-03-22 22:26
  • 東野圭吾『歪笑小説』

    Excerpt: 歪笑小説 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 今回は、東野圭吾『歪笑小説』を紹介します。いきなりの文庫化ですね。○笑小説シリーズ第4弾で、今回は文芸界に特化した内容になっています。ミステリーではないです.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2012-04-10 18:13
  • 歪笑小説 東野圭吾

    Excerpt: 歪笑小説 (集英社文庫)著者:東野 圭吾集英社(2012-01-20)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 新人編集者が初めての作家接待ゴルフで目の当たりにした、”伝説の編集.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-04-14 00:27
  • 『歪笑小説』/東野圭吾 ○

    Excerpt: なははは…。いいのかな~、これ(笑)。 現役人気作家が暴く、出版業界のアレコレ! 面白いんだけど、ここまで書いちゃって大丈夫なの?いや一応フィクションだし?ううむ~(笑)。 って感じで、ニヤニヤ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2012-11-06 20:40