傍聞き(長岡弘樹)

08年日本推理作家協会賞短編部門受賞したタイトル作を含む4編の短編集。

初読み作家さん。書店で「買って損はさせません!」という店員さんのポップに「ホントか!?」と挑むように惹かれて購入しました。短編集と言うのがネックだったんですが、初読み作家さんなら短編の方がいいかなぁ・・・とも思いつつ読みました。

うん、面白かった。

救急隊員、女性刑事、消防士、そして更生保護施設の施設長という、他人の人生に関わる仕事をしている人たちがそれぞれ描かれている。彼らの職業柄もあるんでしょうが、どのお話も緊迫感が胸に胸に迫ってきて、かなりドキドキしました。そして、真相に辿り着いた途端、「いや~緊張した~~!」って一気に肩の力が抜ける感じで。そのギャップが堪らなかったですね~。そして、どれもが「そういうことか!」と膝を打つようなラスト。爽快なものばかりではなかったですが、読後感としては清々しさを感じるものが多かったのも良かった。

・迷走
緊急搬送中に救急車内のやりとりを描いた作品。もうね、この短編集の中で一番、緊張した作品でした。え?どうなるの?どうなるのーっ!?とドキドキしつつ、隊長の意図が全く読めなくてかなりハラハラもさせられました。初読み作家さんなので、ちょっと様子見がてら読んでたんですが、最初のこのお話でガッツリ掴まれちゃったような気がします。

・傍聞き
娘の不可解な行動に悩み、逮捕した受刑者の釈放に怯える女性刑事。タイトルになってるのに、なってるのにーーっ!と悔しい思いをしつつ、その上手さに脱帽。

・899
消防士が思いを寄せる女性宅の鎮火活動中に起こった不可解な出来事。乳児に対する女性の行動については早い段階で気付いたんですが、消防隊員のとっさの行動とその意味には気付かなかったー!ヤラレタ;;;と思った作品でした。

・迷い箱
「傍聞き」で学習したのか、この作品だけが唯一タイトルから予想できたラストでした。だからって、期待はずれだったということはなく、十分に楽しめました。



どの作品も短編ならではのオチに唸らされた1冊でした。短編集で薄めの本なので手軽に読めたのが良かったけど、「もっと読みたい!」という欲求も膨らみました。・・・これも手なのかしら(笑)ま、その手にまんまと乗せられて(?)、この著者の他作品、出来れば長編を読んでみようと思います。・・・長編も出てるといいなぁ。




(2012.01.30読了)






傍聞き (双葉文庫)
双葉社
2011-09-15
長岡 弘樹

Amazonアソシエイト by 傍聞き (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック