くちびるに歌を(中田永一)

じんわり沁みるお話でした。良かった。

長崎県の五島列島にある中学校の合唱部が舞台。顧問の松山先生が産休に入るため、先生の中学校時代の同級生である柏木先生が臨時教師としてやってくる。女子部員しかいなかった合唱部だったが、美人の先生を目当てに男子生徒が多数入部し、そこから男子部員と女子部員の対立が始まる。夏のNHK全国学校音楽コンクール県大会出場に向けての練習は一体どうなるのか・・・。

合唱に向かう部員達それぞれの気持ちの違い、コンクール課題曲であるアンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなんで出された宿題の手紙、そして、大好きな先生の出産などなど、15歳の中学生達の悩み、葛藤、不安、それから喜びが余すところなく描かれていて、一気に物語世界に惹きこまれました。夢中で読んだ。一気読み。

提出しなくてもいい「15年後の自分への手紙」には、部員達の心の奥の気持ちが書かれていて、読みながら色んな気持ちが湧き上がってきました。あの頃の自分に戻って読んでいたり、オトナになった視点で読んでいたりと、自分の年齢も行きつ戻りつしてたような気がします。特にサトルの手紙には胸を打たれました。

中学3年生になった彼らが様々な問題に直面し、失敗しながらも何とか乗り越えていく。まさに「青春小説!」というベタな展開でしたが、一生懸命な彼らの姿に素直に感動し、思わず声援を送りながら読んでしまいました。

コンクール当日のあたりから涙腺が緩んじゃって・・・。「手紙~拝啓 十五の君へ~」の歌詞も、この小説の中で改めて読んだんですが、本当に良い歌詞ですね~。この歌詞を読んだだけで涙がぶわっと溢れてきて止められなかった;;;

いや~良かったです。

・・・と、綺麗に締めくくりたいところなんですが(笑)、気になったことがひとつ。自由曲の歌詞はどんな歌詞だったんでしょう。そして、曲につけられたタイトルは?ものすっごく気になります。。。



(2012.01.03読了)




くちびるに歌を
小学館
中田 永一

Amazonアソシエイト by くちびるに歌を の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2012年01月10日 10:47
こんにちは。
私も思いました!自由曲、そんなに素晴らしいならちょっとでいいから出してよ!って思いました^^;
でもそれ以外は良かったです。学生ならではの悩みが可愛らしかったです。
合唱って良いですよね。Nコンの映像とかたまに放送を観ますが、何だか涙が出てきます。
すずな
2012年01月10日 12:46
>苗坊さん
どんな自由曲だったのか気になりますよねー!歌詞の一部でもいいから紹介して欲しかったですね。
私もTVでNコンが放映されているとつい観てしまっています。学生時代は合唱部とは全く関わりがなかったんですけどね^^;
べる
2012年01月13日 00:32
青春でしたね~。五島列島の青い空を思い浮かべながら清々しい気持ちで読める青春小説でした。細かい要素がちゃんとラストで効いてくるところが巧いなぁと思いました。
確かに自由曲は気になりますね。サトルの歌詞も柏木先生の曲も。是非映像化してもらって、アンジェラさんに曲を依頼してそちらも作ってもらいたいです(笑)。
すずな
2012年01月13日 12:37
>べるさん
おっしゃる通り、清々しい青春小説でしたね~!良い作品でした。
自由曲、どんな曲なんでしょうね^^;歌詞もですが、たしかに曲も気になります。映像化の案、それいいですね~!
2014年02月27日 22:44
NHKとアンジェラとのタイアップ作品? 笑
そうそう、自由曲の歌詞を書いて欲しかったな!
ベタベタの青春小説、良かったねえ~!!!
すずな
2014年03月07日 14:41
>yoriさん
ど真ん中な青春小説でしたね。
ホントにタイアップ?と聞きたくなるような作品でしたね(笑)
自由曲の歌詞はきになりますよねー!書いて欲しかったですね。

この記事へのトラックバック

  • くちびるに歌を 中田永一

    Excerpt: くちびるに歌を著者:中田 永一小学館(2011-11-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 書店員さん大注目作家・中田永一最新作! 長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-01-10 10:38
  • 中田永一/「くちびるに歌を」/小学館刊

    Excerpt: 中田永一さんの「くちびるに歌を」。 拝啓、十五年後の私へ。中学合唱コンクールを目指す彼らの手紙には、誰にも話せない秘密が 書かれていた―。読後、かつてない幸福感が訪れる切なくピュアな青春小説.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2012-01-13 00:24
  • 本「くちびるに歌を」

    Excerpt: くちびるに歌を 中田永一  小学館 2011年11月 くちびるに歌を/中田 永一 ¥1,5.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2012-04-12 21:19
  • だから青春

    Excerpt: 基本、青春小説はベタなものである。 しかし、それにしても この小説のベタさ加減はどうだろうか。 中田永一さんの「くちびるに歌を」は、 ベタというよりも、ベタベタ、なので ... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2014-02-27 22:40