寿フォーエバー(山本幸久)

今回の「お仕事小説」の主人公は結婚プランナー。

山本さんのお仕事小説は、取り上げられた職業がとっても魅力的に描かれている上に、裏話的エピソードも満載でいつも面白く読めます。だからと言って、良い事ばかりが描いてある訳ではないんですよね~。苦労してること、辛いことなど、その職業の大変さもきちんと描いてあって、リアリティがあります。毎回思うんですが、「山本さんってこの職業の経験あり?」と聞きたくなるくらい。もし、そうだったら沢山の職業のスペシャリストになっちゃいますね~。はとバスのガイドさんとかもありましたけど(笑)

今回の主人公は結婚式場に勤める28歳独身の靖子。彼氏いない暦9年の靖子なのに、幸せそうなラブラブカップルのお世話をしなきゃいけない。おまけに、頼りになる大先輩が突然辞めてしまったお陰で、超ビッグカップルの結婚式を一人で担当しなきゃいけないことに。会社からのプレッシャーは重くのしかかってくるのに、なかなか準備が進まない。それなのに、カップルの仲がびみょーになってきて心配事は増える一方。おまけに、近くにライバル店まで出現しちゃって・・・。

結婚式場の裏話、ちょっと泣かせるエピソード、やらなきゃいけないことは山ほどあるのに、次々に起こるハプニングなどなど、本当に面白く読めました。靖子を取り巻く登場人物たちもみな個性的で、いっつも酔っ払って演歌を歌っている神父様とか、子供にメロメロな上司とか、「ホントにこんな人いる!?」と突っ込みつつ、「でも、いそうだな~」と思ったりもして、読んでてとっても楽しかったー。

ハリー&メロロンのビッグカップルには、そのバカップルぶりに最初は思いっきり呆れてたんですが、徐々に本当の姿が見えくるとね、ついつい応援しながら読んでしまってました。メロロンの気持ちが切なくって、最後は思わずホロリとさせられたり。結果はちょっと残念だったんですが、でも、あの結末で良かったのかなと思えたりもしました。

近くに出来たライバル店については、もうちょっと熾烈なライバル争いみたいなものが繰り広げられるのかな~と期待してたんですけどね。思ったよりも、あっさり終わっちゃったというか、スルーされたような印象で、そこはちょっと期待はずれだったかなぁ。そこら辺はもうちょっと、突っ込んで読みたかったなと思いました。

そうそう!読了後、次の日は一日中、「♪おばけなんてうそさ~」の歌が頭の中をぐるぐるぐる~。仕事中についウッカリ口ずさみそうになったりもして、非常に困りましたよー(笑)





(2012.01.23読了)





寿フォーエバー
河出書房新社
山本 幸久

Amazonアソシエイト by 寿フォーエバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2012年01月28日 07:37
実は去年の最後に記事にしていたのですが、題材が題材だったので、例の報告を兼ねてファン限定にしてました。
山本作品は以前から気になっていたのですが、今回初めて読んでみました。面白かったです。ちょうど読んだ頃に私も式場めぐりとかしていたので、いろいろと参考になりました(笑)。今回一時的にファン限定をはずしておきましたので、一応TBさせて頂きました(恥ずかしいので一週間くらいで戻しますが^^;)。
すずな
2012年01月30日 12:40
>べるさん
おぉ!そうだったんですね~。
わざわざ限定を外していただいたみたいで恐縮です^^;でも、ありがとうございます♪

これが山本作品初読みなんですね!他にもお勧めがありますので、機会があったら是非、お手に取って観てくださいね。

この記事へのトラックバック

  • 山本幸久/「寿フォーエバー」/河出書房新社刊

    Excerpt: 山本幸久さんの「寿フォーエバー」。 結婚式場・寿樹殿で働く入社5年目の井倉靖子は、頼りにしていた大先輩が急に辞めてしまった ため、超ビッグな結婚式をたった一人で担当することに。そんなある日、.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2012-01-28 07:28